シリア難民支援速報

ジャパン・プラットフォームの学校訪問

2017.11.16

JENの支援活動は、国連ユニセフやジャパン・プラットフォームとのパートナーシップにより実施されています。

10月23日、24日、25日に、ジャパン・プラットフォーム東京本部から2名の職員がヨルダンを訪れ、このうち2日間はJENが昨年2016年から2017年4月までの約1年で実施した事業のモニタリングを行いました。
この1年ではジャパン・プラットフォームやユニセフの助成により、シリア難民生徒を受け入れて老朽化が加速したホストコミュニティの公立校のトイレ・洗い場などの水衛生施設整備の向上、また生徒への衛生促進活動を実施することができました。

ジャパン・プラットフォームの職員には、事業がすでに終了した学校で現在の水衛生施設状況を視察してもらいましたが、施設を清潔に保つ努力をしている学校だけでなく、衛生的に保たれていない学校も対象です。
ヨルダンの男子校では一般的に、自助努力による学校施設の維持管理が喫緊の課題となっています。ただし、私たちの目にはどんなに非衛生的に映っても、現地の人びとは「JENの支援事業によって衛生状況や生徒の態度がはるかに改善・向上した」と嬉しそうに話してくれました。

【衛生的に保たれていない学校の例】
20171116_JD_01

ヨルダンには公立校における水衛生施設の維持管理基準があり、このような学校は維持管理基準では平均を下回りますが、それでも学校は改善・向上の兆しが見られていると前向きに受け止め、一歩一歩あきらめずに努力を続けています。今回ジャパンプラットフォームにこのような学校があることも知っていただくことが出来ました。

【ジャパン・プラットフォームによるモニタリングの様子】
20171116_JD_02

ヨルダンの公立校の施設維持管理の良し悪しは、学校長や教員のモチベーションにかかっていると言っても過言ではありません。たとえ今は維持管理の基準値を満たしていなくても、努力を継続していくことが大事なのです。そのため、JENの職員は、事業が終了した後でも学校を度々訪問してモニタリングを実施し、教員と話し合う機会を大切にしています。

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。

▼クレジットカードはこちらから

jordan

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


アンマンの学校での世界手洗いデーイベント

2017.11.02

10月30日、ユニセフの依頼を受けて、アンマン県のアル・バセリヤ共学小学校において世界手洗いデー(毎年10月15日)のイベントを実施しました。今回は、ユニセフが日本政府の支援で同校を含むコミュニティで実施した給水ネットワーク事業の完成を祝う式典の中で行われました。

20171102_JD_01

同校はアンマン県を構成する9郡の一つであるアル・ジーザ郡の砂漠地帯にあります。ユニセフが日本政府からの支援でこの学校を含むコミュニティに給水ネットワークを建設したことで、同コミュニティの人びとは日々の生活に支障なく水が使えるようになりました。

アル・バセリヤ校に通う全校生徒は約180人ですが、水を使えるようになった近隣コミュニティの学校の生徒も招待され、約300人の児童がこのイベントのために集まりました。また、地元コミュニティからも約50人が出席しました。
出席者のほぼ全員が赤と白のアラブの伝統的なヘッドスカーフをかぶり、デシュダッシュと呼ばれる長いシャツドレスをまとって、日本大使とユニセフヨルダン代表を出迎えました。

20171102_JD_02

20171102_JD_03

首都があるアンマン県にも、アル・バセリヤ校のように毎日支障なく水を使用できる環境が整っていない学校が沢山あります。同校にはシリア難民の生徒はいませんが、このように公共の上水網に接続されていないなど水の使用が限られている学校では、シリア難民を受けいれることで、更なる水不足に陥ってしまうことが問題になっています。

ヨルダン経済は不安定で、政府が自助努力でインフラ整備をすることが困難です。JENを含む支援機関では、ヨルダン国内における水供給の安定化とシリア難民とヨルダン人の社会的結束を促す支援活動を実施しています。

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。

▼クレジットカードはこちらから

jordan

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


ザータリキャンプでの衛生促進活動

2017.10.05

2017年9月現在、約8万人のシリア難民がザータリ難民キャンプで生活しています。現在、キャンプでは上下水道インフラの整備が進められています。この水道網の整備は、現在の給水車による給水に代わって、難民の方々にとって長期的に生活環境の改善につながるものです。

しかし、このインフラ工事は、砂埃や掘られた溝、土などにより、キャンプ内に不衛生な環境をも生み出しています。

私の名前はアマル、ザータリキャンプで衛生促進活動の担当として働いています。今回は、衛生促進活動について紹介したいと思います。

衛生促進活動の目的は、人口密度が高く、工事によって日々の水衛生活動に影響がでているザータリキャンプで、難民の方々に衛生知識を普及し、感染性の病気を予防または減少させることにあります。

この活動は、給水や衛生設備整備などと並行して行うことで、改善された安全な水や衛生設備へのアクセスとの相乗効果が期待されます。他の団体とともにキャンプの全ての区画で実施され、JENは3、4、5区画を担当しています。

シリア人コミュニティの衛生プロモーター(以下CHP)は衛生メッセージを広めるのに重要な役割を果たしています。彼らはお金を受け取ることなく、ボランティアとしてコミュニティに貢献しています。

CHPはメッセージに関するトレーニングを受けたのち近隣の人びとに対してグループセッションで衛生メッセージを伝えてます。自分たちの担当する地域で衛生メッセージを伝えることが彼らの役目です。

現在、私はJENの担当区域でCHPだけで衛生メッセージを伝えることができるよう、CHPの人数を増やそうとしています。しかし、募集、研修、メンバーの維持など、様々な課題があります。

募集の段階では、多くの難民が活動することに意欲を示しますが、ボランティアとして活動を継続できる人はわずかです。

また、宗教上、ボランティアは良い行いとみなされていますが、一部の女性は家族から他の難民と交流することを許されず、活動に参加することが出来ないなど参加への障害もあります。

長くこの活動に参加している人の中でも、経済的に困窮している人は、給料が払われる仕事が見つかると活動をやめてしまいます。

サルマさんは活発に活動をしているCHPの一人で、夫と二人の息子と暮らしています。彼女は2年間CHPとして活動しています。JENの活動に参加する以前、彼女は近所の人たちが間違った衛生行動を行っているのを見て、衛生促進活動が必要であると感じていました。

衛生促進活動の研修や活動に参加することで、たくさんの新しい友人ができ、自信を持つこともでき、知識も向上したと言っています。

The hygiene session1【女性のCHPが自身の住居で衛生促進セッションを行っている様子】

A meeting with male members2【コミュニティセンターでの男性CHPとのミーティング】

新しいボランティアに衛生研修を行うことは時間と労力を必要とするため、やめていくボランティアの問題は深刻です。CHPと参加者のモチベーションを保つために、CHPの無料の奉仕への見返りと、参加者の動機の位置づけのためには衛生用品を配布することがあります。

一方でしかし、CHPメンバーと参加者が毎回渡せるわけではない衛生用品の配布物に期待してしまうと、渡す物がない時に活動の継続が難しくなります。

最近、私たちはCHPのモチベーションを高めるために、通常のグループセッションに代わってメッセージを発信する他の方法を模索しています。

例えば、あるCHPは、大人に比べて時間もあり、行動変容が早い子どもたちに教えることが、コミュニティにプラスの変化を与えるということに気が付きました。活動を辞めようとしたCHPのうちの何人かは子どもたちへの促進活動に参加し活動を継続することを決心しました。

この新しい試みが課題の解決策となり、また、多くのCHPが私たちとともに長い間活動してくれることを願っています。

The memer of CHP3

The member of CHP4【子どもたちへの促進活動を行うCHPメンバー】

私は難民の方の緊急支援や、NGOの仕事に深く携わる機会を得ることができるJENでの仕事を誇りに思っています。また、これまでのJENでの仕事の経験は私自身の知識や技術の向上にもつながっています。

チームのみんなと協力しながら、人びとの衛生に対する意識の向上や衛生行動の改善を試み、私たちが担当する3つの区域が一番清潔な区域としてキャンプのなかでよい見本になればと願っています。

アマル・アブオウン
衛生プロモーター

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。

▼クレジットカードはこちらから

jordan

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


ザータリ難民キャンプを360度の映像で見よう!

2017.10.04

8万人のシリア難民が避難生活を続ける「ザータリ難民キャンプ」を、この360度の映像で、訪れてみませんか?スマートフォンを見たい方向へ動かしたり、パソコンでマウスを操作することで全方向をご覧いただけます。場面が変わりますので、ぜひ最後までご覧ください。


公立学校での植樹

2017.07.06

ヨルダンの環境省が、メディアを通して「ヨルダン全土が私たちの住まい」という全国キャンペーンを立ち上げました。このキャンペーンは2016年8月に始まっており、ヨルダンの生態系バランスを保つ森林や資源、環境を清潔に保持することの大切さを共同体の構成員である私たちに学習してもらうことが目的です。

 このキャンペーンの一環として、環境省は4月8日を「全国衛生の日」に定めました。そして、人々の注意を喚起し、また私たちが住む土地の清潔さに留意しないことで引き起こされる危険や環境に有害な行動とは何なのかを理解してもらうため、「祖国の叫び:私たちの環境は私たちの生活」をスローガンにしました。

このキャンペーンでは、公共の場所を掃除し、木を植えることが奨励されています。イスラムの預言者ムハンマドは使徒に植林をするように奨励していました。ヨルダンは人口の大半がイスラム教徒であるため、木を植えることはイスラムの善行とみなされ、受け入れられています。

JENのホストコミュニティ事業担当チーム、中でも特に衛生促進活動をするチームが、公立学校で衛生促進のイベントを実施して、このキャンペーンに参加しました。児童や教員と一緒に校内の清掃をし、また学校の敷地の広さに合わせて農業省から苗木の提供を受け、植樹を行いました。バルカ県サルト市にあるヤファ小学校では、生徒とともに学校の花壇に50本以上の苗木を植え、花壇の手入れをしました。

当日は当該校の校長をはじめとする全教員や地元教育局の職員、サルト市の職員がこのイベントに参加し、清掃や植樹のみならず、衛生に関するゲームやサッカーの試合を楽しみました。

20170706_JD_01

 20170706_JD_02

20170706_JD_0420170706_JD_03プログラムアシスタント
アラ・クルディ

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。

▼クレジットカードはこちらから

jordan

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 

 


1 / 512345