シリア難民支援速報

水タンクの消毒結果のモニタリング

2016.09.23

私は2013年12月からJENでエンジニアをしているシャヘル・アル・ラヘンです。
2015年2月からは、モニタリングと評価の担当をしていて、JENの活動、事業及びプログラムの効果と効率を測っています。今日は、JENが行っている重要な活動について紹介します。

「水タンクの消毒」
この活動は、難民の人びとが飲んでいる水を、安全・清潔に保つために行います。
水を運ぶトラックは、毎日キャンプの中を走り回り、水タンクに水を入れます。暑い天気、空気中の埃、タンクの中で広がる病原菌、また水質が変化し細菌や沈殿物・藻類が増えてしまったりしている可能性があります。

JENは過去に、3,4,5区の公共の水タンクの消毒を1年に少なくとも2回、水衛生関連の支援のフォーカル団体として行っていました。その後、人びとが個人で持つ水タンクの数が増えたことから、JENは個人の水タンクの消毒も始めました。消毒をする水タンクは3区合計で1000個にもなります。

私たちの維持管理チームは、人びとから水タンクを回収し消毒を行います。最初に、石鹸と水でタンクを洗い、塩素でタンクを消毒し、最後にリンスをします。塩素が1.8ppm以上残らないように注意します。

【洗浄中】
20160923_JD_01_Washing.jpg

【消毒中】
20160923_JD_02_Disinfecting.jpg

以前は、タンクが回収されてしまうのではないか、古いタンクと交換させられてしまうのではないかと心配した人びとが、タンクを渡してくれないなどの課題を抱えていました。
こうした課題を解決するために、正しい情報を周知し、タンクを消毒することのメリットや重要性を理解してもらえるよう努力しました。

元々、3-5区の人びととの間に信頼関係を築けていたことから、皆に納得してもらうことができました。今回も作業の最終日には、すべての人にタンクを返すことができました。

今回私は、消毒後にタンク内に残留する塩素の割合を測っています。私は、可能な限り正確に数値を測って、飲み水として安全だと人びとに知らせることができるようにしたいと思っています。よい結果を得られる度に、モチベーションを強く持つことができます。

指標をモニタリングして、事業結果を評価することは、難民に適切な支援を届けるために必要不可欠なものであると信じています。

シャヘル・アル・ラヘム

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。

▼クレジットカードはこちらから

jordan

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


【映像プロジェクト】No.11 Videos

2016.09.07

In Transitをつくるメンバーの思いをインタビュー!どんな気持ちで作品を作っているのでしょうか。

もっと動画を見る


バーティカルガーデンの可能性を模索中

2016.09.01

ザータリキャンプの住民には、シリアで農業を営んでいた方が多くいます。その方たちの中には、心の拠り所として、小さなスペースを工夫して、家庭菜園を作り、野菜、果物、花を栽培している方が多くいます。

ここで一つ問題が。ヨルダンの夏は40℃を超すので、節水が大切になっています。
そこで節水しながら家庭菜園を続けてもらう方法を模索し、簡易袋と塀や壁を利用したバーティカルガーデンを実験で作ることにしました。

現在、水の消費量、野菜種苗の成長速度、管理上の注意点などを把握するために、定期的にモニタリングをしながら、一緒に育てています。

【バーティカルガーデンへの水やり】撮影:フサム・アルユセフ
20160901_JD_01.jpg

【ズッキーニの成長】撮影:アリ・アルジャドゥーア
20160901_JD_02.jpg

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。

▼クレジットカードはこちらから

jordan

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△あ

 


【映像プロジェクト】No.10 15歳の花嫁

2016.08.29

2011年、当時15歳で結婚と離婚、そしてシリア紛争の勃発という辛い経験をしたファティマ。今、彼女はザータリ難民キャンプで、ピエロの先生として働く傍ら、ヨルダンの大学に奨学生として学び始めました。全ての子どもたちに送る、エール!ぜひご覧ください。

もっと動画を見る


ごみ収集チェック!キャンプ生活の衛生環境を保つために

2016.08.18

約8万人が暮らすザータリ難民キャンプ。私たちの暮らし同様に毎日ごみが出ます。

住民は、居住ブロックごとに複数設置されている鉄製の大型ごみ収納容器(ダンプスター)に家庭のごみをどんどん入れていきます。
そのため、ごみは毎日収集しないとすぐにあふれかえってしまい、悪臭が漂ったり、ハエが発生したりと衛生環境の悪化につながってしまいます。

だからこそ、JENはごみ収集業者がスケジュール通り収集作業をしているか定期的にチェックし、ごみが溢れかえっているダンプスターを発見した場合は即座に業者へ連絡し、収集依頼と注意をします。

今後、住民を巻き込んだごみ削減、リサイクル運動も計画できればと考えています。

【ごみ収集】
20160818_JD_01.jpg

 

 

 

 

 

ダンプスターのごみの量を確認するスタッフ】
20160818_JD_02.jpg

 

 

 

 

 

 

【満杯になったダンプスター】
20160818_JD_03.jpg

 

 

 

 

 

 

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。

▼クレジットカードはこちらから

jordan

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△