シリア難民支援速報

衣料品リメイク=無限の想像力

2015.06.11

難民になって起こった生活の変化の一つに、多くの自由な時間ができたことです。母国シリアにいた頃は毎日生活が忙しく、暇な時間などあり得ないことでした。私たち女性はその時間を有益に使って人の役に立ち、尊厳のある人間として生きたいと思っていました。

そんなある日、JENの古着リサイクルプロジェクトの事を聞きました。私を含むキャンプに住む女性たちはそのアイディアが気に入り、皆でそのプロジェクトに参加することにしました。

まずスーパーバイザーが、古着をリメイクしてカーペットや鞄にする方法を、ビデオで見せてくれました。そしてそれぞれの女性が自分でどんなものを作りたいのかを決め、好きな布(古着)を選びます。例えば男性用のシャツはベッドカバーやカーテンに適していますし、カラフルな布は編み込み絨毯に使われます。三つ編みにする方法さえ知っていれば、残りは簡単に制作できます。今では、プロジェクトに参加しているほとんどの女性が三つ編みの方法を知っており、思い思いの作品を作っています。

SAMSUNG CSC

現在、キャンプ内に住む30名の女性が“古着リサイクルプロジェクト”に参加し、中心的な存在として活動しています。また彼女たちの他に、キャンプ内の違う地区に住む女性たちも毎週の集まりに参加したりします。多くの自由時間を古着のリメイクに費やしながら家族の為になるものを作ったり、また、創造力を働かせて作品を作ることで、生きる力や達成感を味わうことができています。

誇りを持って作られた作品は、家の中やキャラバンの飾りつけに使ったりしています。将来はキャンプ内、マフラックやアンマンの外でも作品を販売をして、ビジネスとして展開していけたら、と思っています。

ナディア

【JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。
ご寄付は、こちらから受け付けております】

jordan


シリア難民 約400万人。特設ページ公開

2015.06.10

シリア紛争が勃発してから4年。シリア難民の数は、400万人にものぼる勢いで増え続けています。この度、ヨルダンでJENが行うシリア難民支援についてご紹介するページを立ち上げました。ぜひ、難民キャンプで生きる人びとの今をご覧ください。

特設ページはこちら

001

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。

▼クレジットカードはこちらから

jordan

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


難民キャンプはいつまで続くのか

2015.05.28

3月下旬に、個人的な旅行でヨルダンを訪れ、1日目はザータリ難民キャンプ、2日目はパレスチナ難民キャンプを訪問しました。

私たちの訪れた「バカアキャンプ(パレスチナ難民キャンプ)」は1967年に設立したキャンプで、50万人もの人が住んでいます。最初はテント暮らしだったそうですが、現在は1階建ての建物が建ち、人によっては2階も増築しています。40年以上経って、見かけでは「難民キャンプ」というより「街」という感じです。

150528 ①RFcamp
ここに住む人々(パレスチナ難民)は、ヨルダンの市民権を持っており、職に就いている人も多く、経済的に恵まれている人の中には、キャンプ外に土地や家を買って暮らしている人もいます。子どもたちも学校に通い、ヨルダンで生まれ育った子どもたちの中には、大学の医学部や工学部に通っている生徒もいます。

衣食住に困ることはなく、爆弾や砲撃におびえながら過ごすこともない。『平和』な暮らしをしているように見える生活。しかし、彼らにとってヨルダンは故郷ではない。いつか故郷のパレスチナに帰れる日を待っている。

ザータリ難民キャンプは、いつまでつづくのだろうか。果たして、20年後に人びとは故郷に戻っているのだろうか。それとも、すでに商店街ができている難民キャンプは、「街」になっているのだろうか。

そんなことを考えた旅でした。

(本部事務局 浅川)

【JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。
ご寄付は、こちらから受け付けております】

jordan


ジャーナリスト育成ワークショップ「 若い難民のための安息所」

2015.05.14

モハマッド アル ヒラキーさん(19歳)にとって、ジャーナリスト育成ワークショップは夢への第一歩でした。

「ジャーナリストになることは子どもの頃からの憧れで、シリアからヨルダンに逃れてきた後も、それが叶うことをいつも願っていました」と語るモハマッドさんは、2012年からザータリキャンプで避難生活を送っています。

「この機会を通して、真実を自分の目で見て雑誌や新聞に執筆することを切望していました。キャンプで行われる各種イベント情報を聞くたびに、その中からジャーナリストへの道に通じるようなイベントがないかといつも考えていたところ、JENが発行している月刊誌に辿り着きました。そして、その月刊誌の編集部がジャーナリスト育成トレーニングを開催すると聞いたときは心躍りました」。

JENは昨年の4月からザータリキャンプで月刊誌「The Road」を発行しています。キャンプにはマスメディアが存在していないことから、この月刊誌はキャンプに住む難民と支援団体の双方が情報を発信できるようになっています。難民にまつわるさまざまな話や詩やレシピ、利用できるサービスの紹介やキャンプ生活の知恵などが、主に難民の方々の発信により記事となっています。

また、昨年の10月からJENは、難民の方を対象にジャーナリスト育成のワークショップを始めました。全4回のワークショップでは、執筆に関する文法、インタビューの仕方、記事の書き方、レポーティングや取材倫理に関するプログラムを15歳~24歳の参加者を対象に行いました。

一連のプログラム終了後、参加者たちは次の発刊に向けた記事の執筆と、デザイン作業の補助などを行います。

2015年4月現在、20名のボランティアがトレーニングを完了し、それぞれが月刊誌の記事を書いています。

【ワークショップの様子】
150514 ①ワークショップの様子

【参加者の声】
マリック アルザフラさん(20歳)
「キャンプ内の友人がジャーナリストのバッジを付けて、月刊誌の取材とインタビューをしていました。それを見て私もやってみたいと思い、友人にワークショップの開催予定を聞き、すぐに登録しに行きました」

アスマーさん(初めての女性参加者)
「トレーニングを通じて取材準備の大切さを学びました。インタビュー相手は常にその分野の専門家であるという認識のもと、その人物やトピックの背景について事前に調べおく必要があります」

月刊誌発行のたびに、JENでは老若男女織り交ぜて50~60名の難民の方々に取材をしています。記事は全てキャンプ内のコミュニティーから発信されており、コミュニティーの情報、サービスやイベント、暮らしの知恵などが掲載されています。

トレーニングに参加したアル ヒラキーさんは「記事には社会的責任があり、モラルが求められていることを私たちは良く理解しています。内容は正確かつ客観的であることが必要であり、個人を利するものであってはいけないことを常に心がけています 」と話してくれました。

【第1回ワークショップの修了式】
150514 ②修了式

【JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。
ご寄付は、こちらから受け付けております】

jordan


世界水の日

2015.04.23

「水は命の源であり、健康と繁栄に不可欠である」とは、世界水の日のキャンペーン参加者が発した言葉です。彼はまた「このイベントは、難民キャンプで生活している者にとってキャンプの中にいる時にも将来シリアに戻った時にも大事な意味を持つ問題に取り組んでいる」とも発言しています。

3月22日、水の利用に関するJEN主催の啓発キャンペーンが、シリア難民の方々を対象にザータリキャンプで行われました。テーマは健康のための清潔な水の必要性と、限られた水を有効活用する必要性です。

キャンペーンは、男女をそれぞれ大人・10代の若者・子どもの3つのグループに分けて行われ、複数のアプローチを通じてメッセージが届けられました。

大人グループではキャンプに供給される水の安全性、一人当たりの供給量、水質検査基準について話し合いがなされ、また水の再利用法についての説明が行われました。参加者から前向きな反応が見られ、特にヨルダン国内の水事情を引き合いに出すことによって理解が得られました。

【UNICEFとJENの協働で井戸の仕組みについて説明】
150423 ①説明

一方、14~18歳のグループではセッションの後で、実際にキャンプで稼働している井戸の見学を行いました。また、子ども対象のセッションでは劇や歌・ゲームを通じてメッセージが届けられました。

参加者の多くから「このような活動が子どもたちの行動に影響を与え、水を大切にすることに役立つだろう」という感想をいただきました。

【Water is limited resource/水は限りある資源です(左)/ Keep the water safe/水を大切に(右)】
150423 ②ポスター

【JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。
ご寄付は、こちらから受け付けております】

jordan