「首都直下地震時の災害ボランティア活動連携ワークショップ」に参加

東京本部事務局|2020.02.07

東京都災害ボランティアセンターアクションプラン推進会議主催の「首都直下地震時の災害ボランティア活動2020 連携ワークショップ」に2月4日(火)に職員4名が参加してきました。

今回は東京湾北部地震を想定したワークショップ型の訓練で、発災から3か月後を想定し、生活協同組合、労働団体、青年会議所、宗教団体、NPO・NGO、社協など東京にある様々な団体の動きについて共有し、どのような連携・協働ができるのか検討するという内容でした。

それぞれの団体や組織の特徴や動向を知る機会を得ることが出来ましたし、ネットワーク構築にもつながりました。平時から連携の大切さも学ぶことができました。

ニュース一覧へ戻る