シリア難民支援速報

リサイクルプロジェクト:資源の再利用と収入機会の創出

2016.08.04

今、ザータリキャンプでは、リサイクル活動が盛んになってきています。

私が担当している活動は、古くなった洋服・プラスチックのかばん・容器・紙などから新しい物を作るアップサイクリング・プロジェクトです。
この事業の目標は、ゴミを減らすことと、難民の女性にハンドメイドの商品を作ってもらいそれを売ることで収入を得て、最終的に自立することができるようになることです。

リサイクルは、すべての人びとの利益になります。物を再利用し、新しく有益なものに形を変え、新しい物を買わないことにより、生活にかかるコストを下げることができます。また、簡単な縫い物や編み物ができる主婦が参加する「楽しい活動」にもなっています。子ども服、バック、靴や家の飾りなどの美しい物を作ることができます。

20160804_JD_01.jpg

20160804_JD_02.jpg

材料は、もう誰も着られなくなった古い服ばかりです。私たちが作っているものの例を紹介します。

1.古い靴下を使った人形
20160804_JD_03_doll.jpg

必要なもの:古い靴下、縫うための針、糸、ボタン、綿、服や新聞など

靴下のなかに綿・新聞・服などを入れます。次に、糸と針を使って下の方から靴下を縫い、最後にボタンで目・鼻・口を付けて、人形に見えるようにします。

2.古いジーンズを使った小さいバッグ
20160804_JD_04_bag.jpg

必要なもの:古いジーンズ、縫うための針、糸、ボタン、はさみ

ジーンズを長方形に切ります。次に、糸と針で小さいスーツケースのような形になるように縫い合わせます。最後に、美しく魅力的になるようにボタンを使ってバッグを装飾します。

この活動でたいへんだったことは、いくつかの素材の質が非常に悪く、ここから何を作れるか考えるのに時間を要したことです。(この課題は、カーペットを生産することによって解決しました。)
また、リサイクルして何かを作るには、細かく丁寧な作業が必要でした。

20160804_JD_05.jpg

20160804_JD_06.jpg

今後はさらに新しいアイデアを提案しあい、彼女たちと多くの時間を過ごすことで、難民女性を元気づけようと考えています。

2回に渡ってバザーを行いました。最近では2016年5月に開催し、リサイクルされた商品をお手頃価格で売ると同時に、難民の女性たちが安心して交流できる場を提供できました。
彼女たちは、何を生産し何を売るかといった意思決定プロセスに参加する機会を得て、バザー開催に向けて協力し、バザーに来たお客さんとお話することができました。特に、女性たちが社会的スキルを伸ばしている様子を見ることができ、私は嬉しく思いました。

エクラス・サケール

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。

▼クレジットカードはこちらから

jordan

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

 

 


【映像プロジェクト】No.9 Sun will rise again /シリアにまた陽が昇るとき

2016.07.26

シリア難民キャンプに暮らすモハメッドさんは、シリアを想った詩を書き続けています。帰りたくても帰れない、懐かしい故郷を想った詩。「そっと瞳を閉じて穏やかな夢をみたい」そんな穏やかな言葉の中に、表現される悲しみや、郷愁をぜひ感じてください。

(日本語版は、Youtubeの設定(歯車マーク)→字幕→日本語を選択してください)

もっと動画を見る


JENヨルダンのイフタール(断食明けの食事)

2016.07.21

6月初めにヨルダンでラマダン(断食月)が始まりました。

ラマダン中、イスラム教徒は、日の出から日没まで水や食事を取らずに過ごします。人によりますが、唾も飲み込まない人もいます。

日没後に最初に取る食事のことを「イフタール」と呼びます。今年は、マフラック県ザアタリ難民キャンプで働くチーム、アンマン事務所で働くホストコミュニティのチーム、総務会計のチーム全員が、合同でイフタールを取ることになりました。

【イフタール時の食事】
160721_JD_01.jpg

【現地職員と国際職員が共に断食後の食事を堪能しました】
160721_JD_02.jpg

【アンマンの月夜】
160721_JD_03.jpg

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。

▼クレジットカードはこちらから

jordan

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


【映像プロジェクト】No.7 ザータリ劇団「マーク・オブ・ホープ」

2016.07.10

 

ザータリ難民キャンプで暮らすHamzeh Husseinさん、22歳。生まれつき足が不自由でシリアに居る時はふさぎごみがちだったといいます。紛争で大親友だったいとこを亡くし、キャンプに避難してきた彼の心には、大きな変化がありました。このストーリーは今やザータリ難民キャンプで有名人となった彼と彼の劇団のお話です。

(日本語版は、Youtubeの設定(歯車マーク)→字幕→日本語を選択してください)

 

もっと動画を見る

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。

▼クレジットカードはこちらから

jordan

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


ラニア王妃賞

2016.07.07

ヨルダンでは1年に一度、教育に貢献した人へ、王妃の名前が入った「ラニア王妃賞」を贈る行事があります。
この賞の目的は、教育に貢献した教育者に光を当て、教育分野におけるリーダーシップと奉仕に感謝するとともに、その素晴らしい習慣や理解を広げることです。
3つの異なった賞があり、1つ目は「優秀な教師」に、2つ目は「優秀なリーダー」に、3つ目は「優秀な校長」に贈られます。

2015年、JEN はヨルダンの100校以上の公立学校で水衛生施設の再建・建設と、衛生知識と習慣を促進するための活動を行いました。

これらの学校の1つ、タフィラにある学校では、教師や生徒が積極的に活動を行い、生徒の衛生習慣や姿勢がとてもよくなっただけでなく、モスクや近隣地域の状況まで改善されていました。

JENの衛生促進チームは、モニタリングの際にその変化を目で見ることができました。

90%以上の生徒たちが彼ら自身でトイレを掃除し、校庭、教室や廊下をきれいにし、学校中に手作りのポスターを貼るなどの大きな変化が見られました。
ある教師が「生徒たちは学校のためにとても努力してくれるようになりました。今では自主性を強く持って、学校施設を維持する責任を感じ始めているようです」と話してくれました。

さらに教師たちは、生徒たちにモスクの中を掃除するよう呼びかけ手伝っていました。また、生徒の父親たちが学校施設の再建の手伝いに来て、学校内のあちこちに落ちているゴミの塊を集めたりしていました。さらにパン屋を営む親たちが、お弁当を学校に持ってくることができない子どもたちのために、サンドイッチを作ってあげていました。

その後、アンマンの2校でも、自分たちで施設を掃除し始め、生徒たちの習慣や姿勢に変化が見られました。

JENはこのような学校の変化を発信することで、国内全体にこうした習慣が広がればと模索しています。
そこで、ラニア王妃賞の運営団体に、学校の努力を認識し感謝するため「優秀な学校賞」を新設してはどうかと提案しました。これにより、今努力している人たちのモチベーションを上げ、他の学校の子どもたちに競争心を持ってもらい、より多くの学校で変化を促そうと考えています。
そして、運営団体の人にこの賞を設けたい理由を詳しく説明する機会を得ることができました。今後も運営団体との間で話し合いを行っていきます。

表彰を運営している団体の公式ウェブサイトはこちらから: 

アラー・アルクルディ、プログラムアシスタント

【衛生について教師が生徒に教えている様子】
20160707_JD_01.jpg

【タフィラの学校で、女の子がトイレを掃除している様子】
20160707_JD_02.jpg

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。

▼クレジットカードはこちらから

jordan

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△