シリア難民支援速報

ザータリ難民キャンプで女性向けの衛生教育を実施しました(後編)

2015.04.09

衛生プロモーターは1回のセッションにつき、8名~10名の女性住民を対象に、JENの地域センターのスペースや衛生プロモーターの居住空間などで実施されました。セッションにはJENのスタッフも1~2名が同席し、サポートをしました。

セッションを通じて、女性たちは多くの新しい知識を得ることができました。最初のセッションで、女性たちが自分たちをケアする衛生知識の中に多くの迷信や誤解が含まれていることが明らかになり、多くの女性が1か月のサイクルの中で自分たちの身体に起きていることを理解することができました。

彼女たちは、セッションが進む中で多くの質問をするようになりました。私たちは生理などで何か問題が起きたときには難民キャンプの医者に尋ねるよう伝えました。女性たちはこうした生理などの衛生に関するトピックに対し学ぶことに強い関心を寄せるようになりました。

衛生セッションの最後には、女性は、UN Womenの資金協力を得て購入した衛生キットを受け取りました。この衛生キットには、女性たち自身をケアするためのグッズや居住空間を清潔に保つための様々なアイテムが含まれています。

この衛生セッションを通じて私たちが学んだ最も驚くべきことは、何であったと思いますか?
当初私たちは、これほどまでに女性たちが関心を持つとは考えておらず、すべてこちらから情報提供しなければならないと考えていました。しかし、セッションを始めてすぐ、私たちは女性たちから多くの質問を受けることになりました。

女性たちは様々な迷信を信じていましたが、中でも食べ物に関係する迷信が多く見受けられました。たとえばレモン、たまねぎ、コーヒーといった特定の食物は体によくないものであり、特に生理中の女性がこうした食物を調理したものを家族が食べるとその家族が健康を害するおそれがある、というものです。衛生プロモーターはこうした生理に関係する迷信の誤解を解き、正しい知識を女性に伝える専門家となりつつあります。

今後、私たちが取り組むこと….

今回の衛生セッションを通じて、多くの女性がJENの衛生プロモーターに対して様々な質問を投げかけることができたので、生理に関するトピックは一般化しました。

2週間前、私たちは16名の新しいボランティアに対してオリエンテーションを行いました。新しいボランティアの人々は、今、感染症の拡大、正しい手洗いの方法や正しい手洗いの回数、また住民とのコミュニケーションの取り方など、衛生に関する知識を身につけるために学んでいます。

今回、生理に関する衛生セッションを実施した女性の衛生プロモーターの一人は、他の衛生分野のトピックも扱っていこうと議論を始めています。すでに、次に向けて歯に関する衛生セッションの準備に取りかかっており、さらにその先には、節水に関するセッションの準備に取り掛かろうと計画しています。

【JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。
ご寄付は、こちらから受け付けております】

jordan


ザータリ難民キャンプで女性向けの衛生教育を実施しました(前編

2015.03.26

ザータリ難民キャンプには、現在約83500人のシリア難民が生活しています。この難民キャンプにおいてJENが担当している地区には、12歳~39歳までの女性がおよそ3600名います。

通常若い女性は、女性特有の衛生的な知識、例えば生理などについて、母親や叔母、同世代の女性たちから得ます。しかし、難民キャンプで暮らす多くの女性は、保健衛生に関する公的な教育を受ける機会がなく、正確な情報を得ることができていません。また、多くの人が家族や親せきと離散しており、若い女性や少女が、通常そうした知識を教えてくれるはずの女性が家族にいない中で、難民キャンプでの生活を送っているケースが多く見られます。

そこでJENは、女性や若い女性を対象に、自分たち自身の身体をケアするための知識を得られる衛生セッションを実施することにしました。

2月に、JENのスタッフは、セッションで提供する生理に関する衛生教育の準備に取り掛かりました。スタッフは4回に渡って、女性たちが得るべき重要な衛生知識は何か議論しました。また生理のメカニズムを説明するために図解化した資料を作成したり、参加者から受けるであろう質問への回答の準備などを行いました。

JENは準備した女性を対象にした衛生セッションを、同じシリア難民でキャンプに暮らす人々で、ボランティアで活動している衛生プロモーターを通じて、女性住民に対し実施していくことにしました。

JENはまず、今回のセッションについて、13名の女性の衛生プロモーターに研修を行いました。生理に関する衛生セッションは、女性同士でもなかなか共有しづらいトピックであることから、住民に対して行う前に、衛生プロモーターを対象に、小さなグループで研修を行う形で進めていきました。

研修後、JENは衛生プロモーターに自分たちが住む地区のコミュニティを対象に、2か月間で3回の衛生セッションを女性住民に対して実施してもらうように依頼しました。

衛生プロモーターによる衛生セッションはどのようなものになったでしょうか?

(続きは次回掲載します。ぜひご覧ください)

**********************************************************

【緊急企画】イラク国内避難民緊急支援活動報告会を開催します。

イラク北部にて緊急支援に従事しているスタッフが帰国します。
今、イラク北部でなにが起こっているか、JENは国内避難民に対しどのような支援活動を行っているか、今後の活動の展開は、など、緊急支援活動報告会でご紹介いたします。
ふるってご参加ください。

くわしくはこちら

**********************************************************

【JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。
ご寄付は、こちらから受け付けております】

jordan


新たな教室が3校でようやく完成!

2015.03.12

ヨルダンのあちこちで色とりどりの花が咲きだしました。もうすぐ春がやってきます。
公立学校では2月の2週目から新学期が始まりました。

【新学期から使用が始まった教室(アル・マターラ男女混合小学校)】
pic1_20150312

シリア国境に近い北部3県(イルビッド県・マフラク県・アジュルン県)は、これまで多くのシリア難民を受け入れてきました。対象校の1つが位置するナイーメ地区の人口は、ヨルダン人よりもシリア難民のほうが多いというシリア難民の密集地です。

この地区から4キロ程離れた場所に男子小学校があるものの、徒歩で通うには遠いため、この地域で女子児童を受け入れている小学校は、このナイーメ小学校だけでした。学校側は制限人数を超えていても受け入れを続けていました。なので、いつも教室は混雑していました。

【狭い教室で学ぶ女子生徒たち(ナイーメ男女混合小学校)】
pic2_20150312

現在ホストコミュニティの学校では、スペースが狭すぎたり、プレハブ校舎だったり、二部制だったりと学習環境が悪いため、学校に通わせないという選択をしている保護者がいるということがわかっています。

JENの教室建設による支援は、こうした現状を踏まえ、シリア難民児童およびヨルダン人の生徒たちの学習環境を整えることを通して、教室スペースが足りないという問題から発生する、教育の機会の喪失・生徒のドロップアウト、さらに教育の質の低下をも防げる、一石二鳥ならぬ三鳥のプロジェクトなのです。

シリア難民およびヨルダン人にとって困難な状況が続いていますが、シリア難民児童およびヨルダン人児童がともにJENが提供した適切な環境で学び続けることで、両国の将来に期待を持つことができると信じています。

前回のホストコミュニティでの活動に関する支援速報でお伝えした、ヨルダンの全公立学校を対象とした調査は現在も続いていますが、その調査結果を利用して、今後もJENは学校の適切な学習環境づくりに貢献していきます。

【裏側から見た完成した教室(ナイーメ混合小学校)】
pic3_20150312

【完成した学校内部の様子(サックァー・クライシュ男子小学校)】
pic4_20150312

【JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。
ご寄付は、こちらから受け付けております】

jordan


ザータリ難民キャンプで格闘するシリア難民と、その人々を支えるJENの役割

2015.02.26

日本では、日常生活において、家庭にトイレとシャワーがあることはあたりまえであり、その大切さについて考えたりするでしょうか。ごく稀に壊れたり、お湯の出が悪くなったときくらいでしょうか。

そうした日常とかけ離れた緊急下の難民キャンプにおいては、屋外に設置された施設を共同で使う生活を余儀なくされます。JENが支援活動を行っているザータリ難民キャンプでは、約84,000人が暮らしており、難民の方全員が公共のトイレ・シャワーを使用できる環境を整えています。しかしながら、その管理は困難を伴います。

清潔で使用可能な状態を維持するには、清掃とメンテナンスが必要ですが、時として意図的に施設が壊されることもあります。そのような場合に最も困るのはいつも、経済的あるいは身体的に弱い立場にある方々です。

【破壊された施設】
150226 ①破壊された施設

JENは施設の修理を日常的に行っていますが、時には使用不能になった施設の修復作業を行います。住まいの近くに清潔なトイレやシャワーがあることは、周囲の衛生環境を保つために必須であり、感染症の予防のためにも大切なものです。

【施設の修復作業をしています】
150226 ②修復中

【修復が終わりました】
150226 ③修復完了

難民の方々は、それぞれの生活スタイルによって住みたい地区も異なるため(親戚の近く、子どもがいれば学校の近く等)、キャンプ内での移動が頻繁に起きています。そのため、難民の方々が移住した地区に、トイレ・シャワーの新設が必要な場合もあります。JENは先月、約300人が新たに移住した地域で、新しい施設を建設しました。

【新しい施設を設置しています】
150226 ④建設中

【施設が完成しました】
150226 ⑤完成

これらの施設を管理するのは難民の方々からなる水衛生委員会であり、JENが建設した施設を難民自身が運営します。これらの活動を通じて難民の方々の暮らしが少しでも良くなるよう、支援活動を続けてまいります。

【JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。
ご寄付は、こちらから受け付けております】

jordan


ザータリ難民キャンプを襲った暴風雪「フーダ」<後編>

2015.02.12

2日目に日が昇った頃には、水だけでなく12センチ近くの雪が地面を覆っていました。JENが手配した12台のトラックは迅速に排水を行ったのですが、トラックの処理能力よりももっと速く雪が解け始めました。そして、雨と雪がより激しくなりました。別の団体は浄化槽をきれいにするトラックも導入しました。このような状況に対応するため、JENのチームは、この日も夜遅くまで、水位を安定させるために働き続けました。

3日目も、とても長くて寒い1日でした。他の団体も排水作業のために追加のトラックを導入しました。JENのチームはたゆまず作業を続け、夜遅くには、かなり状況を改善できました。約60%の水を、キャンプの外へと汲み出すことができたのです。

【排水作業は泥だらけになる作業です】
150129 ③排水作業

その晩、気温は氷点下を大きく下回りました。国中の道路は凍結のために閉鎖されました。

4日目の朝に日が昇ると、また電話が鳴り始め、疲れ切ったJENのチームは厚着をして作業を続けるために出かけました。この日には事態がどんどん収拾に向かっていきました。稼働させるトラックの数や、日中の対応も減らすことができました。それでも、全ての水が排除され、キャンプが通常の状態に戻るまでには、さらに1週間かかりました。

結局、「フーダ」は2013年にアンマンが経験した大雪の被害よりも、より深刻な被害をヨルダン北部地域にもたらしたのでした。その地域に長年暮らしている住民によると、このような深刻な被害は初めてだったとのことでした。JENの緊急チームは、厳しい寒さと水浸しという状況にも勇敢に立ち向かい、キャンプの人たちの生活に支障が出ないように迅速に対応したのです。

【JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。
ご寄付は、こちらから受け付けております】

jordan