シリア難民支援速報

ラマダン中、ザータリの夜は大賑わい

2016.06.23

今年は6月6日に、イスラム暦の9月であるラマダンが始まりました。

信仰心を強めるために、イスラム教徒は日の出から日没まで水や食べ物を一切口にしない断食を行います。この行為には、飢えや貧困とはどのようなものか体験して、貧しい方々への親近感を育てる目的も含まれています。

現在、ヨルダンでは日中は35℃を超す日々が続いています。キャンプ住民は、日中は喉の渇きを防ぐためにキャラバン内に留まり、通りは閑散としています。

【日中の閑散とした通り】
20160623_JD_01_daytime.jpg

しかし、日没後はシャンゼリゼ通りも大賑わいです。普段、夜間に出歩かない女性も、ラマダン中は多く見かけます。

【ラマダン中の夜に賑わうシャンゼリゼ通り(撮影:フサム・アル・ヨウシフ)】
20160623_JD_02_Husam Al-Yousif.jpg

そして、日没後に断食を解く食事を「イフタール」、日の出前の断食を始める前の食事を「スフール」と呼び、人々は夜通し、お祈りをしたり、親戚やご近所さんとの宴会に参加したりして、ラマダンを祝うのです。

【スフール、朝3時の食事(撮影:エカラス・サカー)】
20160623_JD_03_Ehklas Saker.jpg

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。

▼クレジットカードはこちらから

jordan

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


【映像プロジェクト】No.4 正義のマッチョ

2016.06.10


ダマスカス大学で土木工学を専攻していた、アリさんは、シリア紛争によってここ、ヨルダンに家族とともに避難してきました。ボディビルダーでもあるアリさんは、ザータリ難民キャンプで、ジムのインストラクターとして活躍しています。

 

もっと動画を見る

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。

▼クレジットカードはこちらから

jordan

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


女性による公共の場の清掃について

2016.06.09

私は、JENの活動が滞りなく行われるよう、難民が参加する活動の調整を行っています。今回は、私が関わっている現在の活動と課題について紹介したいと思います。

ザータリ難民キャンプには、日常生活の中で難民が参加する活動が多数あります。JEN は水・衛生分野での役割を担っており、地域衛生整備の一環としての公共の場の清掃、水の分配、下水ネットワークの構築などの活動に難民が参加しています。

JENは、2013年11月1日から担当している3つの地区のうちの1つで難民参加による清掃の活動を開始しました。翌2014年1月1日よりこの活動を残り2つの地区にも拡大し、また学校でも活動を開始しました。

しかし、2015年9月中旬に学校での清掃活動から撤退したことにより、女性の活動機会は減少してしまいました。この状況を改善するため、JENはそれまで清掃区域の対象となっていなかった住居間のスペースの清掃を女性に行ってもらうことを提案しました。応募の条件は、離婚もしくは死別により夫のいない人であること、としました。

パイロットケースとして開始した当初は5人だった女性参加者が、5か月後には3人のリーダーを含む20人になり、活動範囲も2つの他の地区まで拡大しています。

宗教的な制約により女性が公共の場で働くことが好まれないことや、キャンプ内では警備員・建設現場での力仕事など主に男性を対象とした活動が多いため、清掃活動では男性参加者が占める割合を減らしました。女性参加者はこうした活動に参加する機会に恵まれて嬉しいと話しており、コミュニティの衛生状態も改善されました。

ザータリ難民キャンプでは、現在緊急支援から開発支援の段階に移ってきています。現状からは難民がいつシリアに帰ることができるのか、誰にも分かりません。彼らが自立することができるよう、個人的には特に社会的弱者にあたる女性のための事業を発展させていきたいです。また、シリア危機が早く終わり、彼らが故郷へ帰ることができるよう願っています。

ムハンマド・オライヤン

【住居間スペースの清掃前と清掃後】
20160609_JD_01.jpg 20160609_JD_02.jpg

【女性たちによる清掃の様子】
20160609_JD_03.jpg 20160609_JD_04.jpg

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。

▼クレジットカードはこちらから

jordan

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


【映像プロジェクト】No.3 シリアから持ってきたサッカーボール

2016.06.09

 

少年がシリアから逃げてくる時少年が持ってきたのは、1つのサッカーボールでした。
プロのサッカープレーヤーになる夢を胸に、今日も練習に励む少年にクローズアップします。

 

もっと動画を見る

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。

▼クレジットカードはこちらから

jordan

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


【映像プロジェクト】No.2 学校のとなりの雑貨店

2016.06.04

学校のすぐ横にある、とあるお店で働く男の子。彼と家族はシリアに父を残し、ここヨルダンに避難してきました。学校に通いたいと思っていますが、家族を養うため、勉強が好きな妹を助けるために、彼は今日もお店から学校に通う子どもたちを横目に店番を続けています。

 

もっと動画を見る

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。

▼クレジットカードはこちらから

jordan

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△