シリア難民支援速報

公立学校を対象にした水衛生環境の改善支援

2015.09.07

6月の支援速報では、JENは、ヨルダン全国の学校3,681校でニーズ調査を終了したとお伝えしました。今回は、その後の活動をお伝えします。

難民キャンプの外で難民を受け入れているヨルダン側の地元コミュニティのことを「ホストコミュニティ」と呼びます。JENの中で、そのヨルダンのホストコミュニティを対象に支援活動を行うチームは、ユニセフ(※1)と共に上述のニーズ調査の結果を分析(※2)し、全国の学校を4つのカテゴリーに分類しました。さらに、今回の支援対象校を決めるにあたり、現時点で早急に支援を必要とする1,200近くの学校の中から、更に113校まで絞り込む必要がありました。

(※1)ヨルダンでは、水衛生分野の支援活動はユニセフが主導します。難民キャンプ、ホストコミュニティを問わず、支援団体がどこでどの活動をしているかの把握や支援のための基準を決め、共有するなど、国際NGOや地元のNGO等との支援調整を図っています。

(※2)ニーズの分析は、支援の国際基準である『スフィアスタンダード』を基準にし、支援対象国の状況に合わせます。『スフィアスタンダード』とは、人道支援の現場において全ての支援者が配慮しなければならないとされる行動基準です。水衛生分野では、「生徒一人当たり何リットルの水が使えるのか」や、「生徒何人に対してトイレの数がいくつ必要か」等が決められています。

学校を絞り込む際には、「ヨルダン教育省所有の建物であること」、「全校生徒の数やシリア人難民の割合」、「建設スペースの有無」、「他団体と支援学校の重複がないか」等を教育省や地方政府の教育局と確認し、それを選定の基準としました。教育省から選定した学校に対して正式承認が下りるまでは、実に3-4週間もの時間が経っていました。

このようなプロセスを経て、現在、教育省から正式承認を得たヨルダン国内11県にある97校で水衛生施設の修復と建設を進めています。学校が夏休み中で生徒が校内にいなかったこともあり、すでに約60校近くの学校で水衛生施設の修復が終了し、トイレの新規建設も7割完成しました。

ヨルダンの公立学校では、女子トイレは明るめの紫色に塗装し、男子トイレは青色に塗装するようです。

20150903_JD_01_Girlsschool 20150903_JD_02_Boysschool

 

ヨルダンでは、保護者が子どもに学校の水衛生施設の清掃をさせるのを拒む傾向が強くあります。男子もそうですが、特に女子生徒の中には学校のトイレは汚いため絶対に使わない、という子が沢山います。清掃をしないのであれば尚更、不衛生になります。また、学校によっては教員独自の判断で、不必要な数のトイレや飲み水の蛇口は生徒に使用させないように錠をかける等、子どもたちの権利は保護されていません。

そこで、新学期の9月から、JENの衛生促進員が上記97校を含む全国約113校の学校で衛生教育活動を実施します。衛生教育では、学校や子どもの衛生環境の向上と事業の持続性を目指し、教員や生徒、また保護者を対象にして、適切な衛生習慣を実施することの大切さ、生徒たちの水衛生に関する権利、清潔な衛生施設の維持管理や水の保全に対する意識の向上を指導していきます。

 

この活動は、支援者の皆様をはじめ、ユニセフの協力を得て実施しています。

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。

▼クレジットカードはこちらから

jordan

 


配水と排水

2015.08.24

シリア難民が暮らすザータリ難民キャンプは、6平方キロメートル弱の中に、現在約80,000人の人びとが暮らしています。人口密度の数値だけをみれば、世界でもこれより多い都市もあるでしょう。でも、ザータリキャンプには、1階建ての建物しかないことを考えると、住宅の密集度合は単純に比較できません。

20150824_JD_01
↑ 通称シャンゼリーゼ通り。多くの買い物客で賑わうマーケット。

また、住宅が密集しているだけではなく、上下水道がないという問題を抱えています。

水はトラックでキャンプへ運搬され、いたる所に設置されている公共の水タンクに給水されます。難民の人びとは、そのタンクからバケツやポリタンクで水を家まで運ぶのです。
20150824_JD_02
↑ 配水を待つ列

また、下水がないため生活排水は家屋から外にそのまま流している状態です。
20150824_JD_03
↑ 家屋から排出された生活水

これらの問題を解決するため、JENは複数の支援団体と共に上下水道設備の設置作業を行っています。生活における利便性が向上するというメリットは明白ですが、難民の人びとにとってはそれ以外にもたくさんの意味があります。

1.水を汲みに行く手間がなくなる
2.運用コストがシステムの保守点検のみとなり、トラックによる配水より低コストで運用できる。そのため、支援団体の規模縮小後も持続的に活用できる
3.大型排水トラックが通らないため、特に狭い路地に住む住民の安全性が増す
4.トラックの走行による騒音がなくなる
5.生活用水が路面に露出しないため、衛生環境が改善される (病気、悪臭の予防、景観の向上)

キャンプ設立から3年が経過しシリア情勢の安定がまだ見えない状況では、中長期的な視野が必要不可欠で、このインフラの整備もその1つです。
そして、このような大きなプロジェクトには、計画・技術・資金面で多大なリソースが必要になってきます。各所と連携し、サポートを仰ぎながら、少しでもシリア難民の生活状況が改善されるよう全力で支援活動を行っています。

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。

▼クレジットカードはこちらから

jordan


遥かなるシリアに想いを馳せる

2015.07.23

「キャンプで好きなのは、庭だけだ。キャラバンもこの暑さも、好きじゃない」

こう話すのは、ザータリ難民キャンプに暮らすシリア難民の男性。シリアはきっと豊かな大地なのだろうと、そのあと彼が目を輝かせて話すシリアに耳を傾けました。彼が教えてくれた美しい国、シリアを探して、インターネットで「シリア」を検索してみました。すると、検索結果は銃や戦車、破壊された街々、そして呆然と立ち尽くす人。美しい、いや、戦闘前のシリアを探して、「シリア 街並み」と検索してみると、今度もまた、瓦礫の山が出てきました。キャンプの壁にサインペンを使って子どもたちが元気いっぱい描いていた自然豊かなシリア、友人たちが語る雄大なシリアは、想像するしかありません。

【子どもたちによるペイントの風景】
20150723_JD_01.jpg

キャンプから北方へ目を向けると、日本とは違う薄桃色にもやがかった地平線が見えます。15キロ先のそこが、祖国シリアです。キャンプに暮らす人びとが、平和になった祖国に戻れる日はいつ来るのでしょう。私はここで、わずかな時を彼らと共に過ごさせていただいています。インターンを始めて1ヶ月、ここで、私は何を学ぶことができたのか、ラマダンが終わる区切りの今日に、書き記しておきたいと思います。

私は現在、JENが情報共有手段としてまた、職業訓練として難民の方を対象に実施している雑誌プロジェクト「月刊誌“アルタリク(THE ROAD)”」と、支援物資としてこれまで3年にわたり配布させていただいた冬物衣服のうち、汚れや破損があったために配布しなかった不良品を再利用する女性のクラフト作りのプロジェクトに参加させていただいています。活動への参加を通して、自分はなにができるだろうか。この1ヶ月間ずっと考えていました。ピエロの格好になることで、人びとに笑顔を取り戻すことはできないだろうか。そう思ったのは、私がへたなアラビア語を話すときや、日本の話やシリアの話をするとき、共に何かの活動をするときに、人びとの楽しそうな様子を肌で感じたことがきっかけでした。

【ザ―タリキャンプ月刊誌“アルタリク(THE ROAD)”】
20150723_JD_02.jpg

今日も月刊誌メンバーは、勇んで次号の記事のためのインタビューに出かけていきました。私も同行しました。アラビア語があまりわからない私でも、取材に同行すると必ず新しい発見があります。こうして、同じときを過ごし学び、ともに考えることで、私自身もキャンプ生活に何か新しい、少しだけ楽しみに感じる何かや、小さなアイディアを提案できたらいいなと思っています。

【インタビューの様子】
20150723_JD_03.jpg

 

7月、キャンプ敷地内の気温は日中40度を超える日が続きます。私は、キャラバンの脇にできた木陰に、アラビア風のマットを敷き、その上に寝転びます。庭の緑を揺らすわずかな風を感じれば、なんだか少しは心地よい。その風に吹かれながら再びシリアに想いを馳せてみる。男性が教えてくれた美しい祖国シリアを想像しつつ、彼らが好んでくれるようなピエロになるべく精進していきたいと思います。

インターン生

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。

▼クレジットカードはこちらから

jordan

 

▼郵便振替の場合は↓

口座番号:00170-2-538657

口座名: JEN

*通信欄に「シリア難民」とご記入ください*

 


インターンから見たザータリキャンプの今

2015.07.09

“厳しい陽射しが、ヨルダンの乾いた大地に照りつける

巻き起こる砂ぼこりが眼に痛い

雲ひとつない美しい青空が時折恨めしく思われる”

*  *  *

私は、JENのヨルダン事務所でインターンとして国際支援について学んでいます。

ザータリ難民キャンプに来るのは今日で6日目になります。前述の一文は、私が初日に日記に書きつけたものです。

私がキャンプに対して抱いた印象は、その気候の厳しさだけではありません。秩序が保たれている様子にも感心しています。キャンプ内は12の地区に区分され、シャンゼリゼとよばれる中心通りでは、野菜や肉などの食材のほか、洋服や香水、おもちゃが売られています。ゲームセンターもあるそうです。ここに来ると、いつも活気と若さを感じます。道という道には、きちんと電気や水道があり、道もすべてコンクリートで舗装されています。もともと何のつながりもない人々の間に、コミュニティが生まれていく。何もないところから、経済や社会ができていく様子は、まるで都市の発展の歴史を辿っていくような気さえします。

20150709_JD_1.jpg

20150709_JD_2.jpg

私は今、JENが発行する月刊誌“アルタリク”(アラビア語で“道”の意)の製作チームに所属しています。この月刊誌は、キャンプ住民の、キャンプ住民による、キャンプ住民のためのマガジンで、住民のボランティアチームが主体となって、住民から記事を集めます。チームのメンバーには、僕はジャーナリストだと胸を張って語ってくれる人もいました。かれらは、JENが企画したジャーナリズムトレーニングを修了した人たちです。

私は、難民キャンプといえば、祖国の戦禍を逃れてきた人々のための一時しのぎのシェルターと思い込んでいました。実際にキャンプにやってくると、いろんなことが見えてきます。たとえば、ここザータリキャンプは、「学びの場」として機能しています。

キャンプ内のコミュニティーセンターでは、女性のための健康セミナーが定期的に開かれています。JENの衛生環境改善事業の一環で行うこのワークショップは、家族の健康に重要な役割を担う女性(主に成人女性)が対象です。以前配布した冬物衣料のダメージ品を使った古着リサイクルプロジェクトもまた女性を対象にしています。私が見学した日は、女性たちが古着のリフォーム方法を習っていました。住民は、いつ終わりがくるか、見通しのたたないキャンプ生活を少しでも有意義にしようと、学ぶ機会に積極的に参加しています。

20150709_JD_3.jpg

日々強さを増す陽射しに加え、今日からラマダン(イスラム教の断食月)が始まります。私にとっては、初めてのラマダンです。キャンプの“今”をスーパーバイザーや、キャンプ住民の方々から引き続き学んでいけたらと思います。

【JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。
ご寄付は、こちらから受け付けております】

jordan


ヨルダン全国の公立学校で調査が終了しました

2015.06.25

2014年12月25日の支援速報で、12月からヨルダン全土において公立学校における調査中とお伝えしましたが、今年4月に全調査を終えました。

【調査の様子】
150625 ①マルジ アル ハマム校でのアセスメントの様子(写真1)

150625 ②マルジ アル ハマム校でのアセスメントの様子(写真2)

JENが教育省から入手した学校のリストでは、学校の総数は3,658校でしたが、調査の結果、23校の登録もれが見つかり、公立学校の総数は3,681校であることがわかりました。その後、この調査内容が正しいかを判断するために、ユニセフが6月までに157校で抜き打ち検査を実施し、JENが実施した調査結果の95%以上が正しいと判定されました。

JENは、ヨルダンでのシリア人難民キャンプでの活動と同時に、ホストコミュニティで受け入れられているシリア人の子どもたちと、受け入れ側であるヨルダン人の双方を対象にした活動も実施しています。

ヨルダンの教育省は、公立学校でシリアから逃れてきた子どもたちを受け入れ、教育の機会を提供しています。しかし、5年前に勃発したシリア内戦には終わりが見えないため、シリア人の生徒が増加し、既存の校舎や水衛生施設を利用したままの状態では受け入れをする環境が非常に悪くなってきました。

特にシリアとの国境沿いの県や、首都のあるアンマン県では、午前と午後で生徒を入れ替えて授業を行う公立学校が増加傾向にあります。また、ヨルダンの高い物価が生活を圧迫し、都市部から地方へ移る難民も増えてきました。

シリア難民を受け入れるヨルダン政府や人びとへの負担が大きくなっている一方で、教育省による学校での支援ニーズ把握が追付いていないという現状があります。

ニーズを正しく把握し、迅速で適切かつ効率的な支援を実施するためには、ヨルダン政府や国連、NGOなどの各支援機関と協力していくことが必要です。今後、この調査の報告書をヨルダン政府や政府開発援助機関、及び国際機関や地元NGOと共有し、ヨルダン全国の学校を対象にした支援につなげていきます。

150625 ③マルジ アル ハマム校の子ども達

【JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。
ご寄付は、こちらから受け付けております】

jordan