東北支援速報

岩手県宮古市 「2018年度 こども食堂フレンドカフェ」

2019.05.07

3/23(土)宮古市津軽石公民館で、2018年度「こども食堂フレンドカフェ」を実施しました。当日は、民生委員さんや支援団体の方をはじめ、こども食堂「しおかぜダイニング」の運営支援者・支援を検討中の約20名の地域の皆様が集まってくださいました!

前半は、①盛岡市矢巾町で開催されているこども食堂「ここかむ食堂」の活動紹介、②宮古市初の「しおかぜダイニング」事業として2019年1月より、津軽石地区で活動を始めた「わくわくハッピーこどもダイニング」の活動報告、でした。どちらの活動からも学ぶべきことが多く、質疑応答タイムでは参加者の皆様からたくさんの質問が寄せられました。

会場の様子

会場の様子

後半は、こども食堂事業計画書作成ワークショップを実施しました。

5~6名のグループに分かれて、模造紙に描いた「こども食堂の木」に、開催場所・参加者層・こども食堂で大切にすること、などを付箋で貼る手法で、事業計画を作成していただきました。参加者の皆様からは、「子どもを中心に、高齢者など世代間の交流を大切にしたい」「毎回同じ会場だと離れた場所の子どもたちが参加できないので、公園でお花見など時々別の会場でも開催しよう!」など、素晴らしいアイディアが溢れました。

ワークショップの様子1

ワークショップの様子1

その後、完成した事業計画を他のグループの皆さまに紹介し、アイディアを共有していただきました。皆さま活発に質問や感想を伝え合っておられ、熱気あふれる場となりました。

ワークショップの様子2

ワークショップの様子2

今回お集まりくださった地域の皆様のお力で、津軽石地区をはじめ様々な地域で「しおかぜダイニング」が開催され、子どもたちを中心に地域の方々が集まる場所になると同時に、困難を抱えた方々への支援の拠点となることを願っています。

~子ども食堂「しおかぜキッチン」「しおかぜダイニング」とは~

7人にひとりの子どもが貧困の日本。特にシングルマザー世帯の貧困率は50%を超えます。

「しおかぜキッチン」は毎月、ひとり親、その子どもたちとボランティア、そして宮古社会福祉協議会のスタッフが集まり、いっしょにご飯をつくる、食べる、楽しい時を過ごす、そして時に困りごとの相談にのる場になっています。

しかし、市街地で実施する「しおかぜキッチン」には、自宅から遠くて気軽に参加することが難しい方々がおられます。そこで、宮古市社会福祉協議会では、より多くの方々がアクセスできるよう、宮古市の各地でこども食堂「しおかぜダイニング」の開催を目指しています。

※いままでのしおかぜキッチン・しおかぜダイニングの活動報告はこちら

岩手県の宮古市社会福祉協議会が実施する子ども食堂「しおかぜキッチン」「しおかぜダイニング」を、JENは支援しています。


多職種連携研修会 in 福島県郡山市(福島県助産師会)

2019.04.04

産婦人科医、看護師、助産師、保健師、栄養士、保育士、歯科医・・・。出産から子育てまで、親子は様々な専門職の方々に支えられます。もし、そのときに、それぞれの専門職が違うことをアドバイスしてきたら親はどうなるでしょうか – 親の中で混乱が生じ、子育ての自信を失わせ、不安やストレスを増大させる原因となってしまいます。

たとえば授乳や離乳食については臨床データが様々な実証のなかから、親子に優しく、子育ての自信と親子の愛着を形成する方法が研究されていますが、親子にかかわる各専門職が授乳・離乳食について詳細な最新情報を得ているとは限りません。何十年も前の、今では正しいと言われていないことを推奨することも起こってしまっています。

そこで福島県助産師会はJENの支援を得て、今月、福島県南相馬市と郡山市で専門職の連携を深めるための研修会を実施しました。

「母乳にアレルギー予防効果なし」と国の指針が改定されるにあたり、「アレルギー」という情報が抜け、「母乳に免疫力がないと誤解」される恐れや、「液体ミルク」は、常温で管理ができるが、常温とは概ね15~25℃で、飲み残しは廃棄する等、今回は、「乳児期からの食育」と「災害時における乳児期の栄養」について学びました。

TH_20190404_01

【2019/3/16(土)「多職種連携研修会」福島県郡山市の様子1】

TH_20190404_02

【2019/3/16(土)「多職種連携研修会」福島県郡山市の様子2】
     
福島県助産師会のYouTubeチャンネルができました!
おんぶや授乳の仕方の正しい方法をわかりやすく紹介しています。
https://www.youtube.com/channel/UCjDHOLqzwufiacR20Y9gdlA

乳児をもつ親が、様々な専門家や地域のひとたちとつながりながら孤立せずに自信をもって子育てをすることを目指す一般社団法人福島県助産師会をパートナーとして、JENは2016年から「助産師による子育て連携強化及び産後母子支援」事業の支援をしています。


岩手県宮古市津軽石での子ども食堂「しおかぜダイニング」

2019.01.15

岩手県の宮古市社会福祉協議会が実施する子ども食堂「しおかぜキッチン」「しおかぜダイニング」を、JENは支援しています。

7人にひとりの子どもが貧困の日本。特にシングルマザー世帯の貧困率は50%を超えます。この状況は宮古市も例外ではなく、宮古市社会福祉協議会が関わる子どもが属する世帯からの相談は、ひとり親世帯である場合が非常に多いのが現状です。そこで、子ども食堂「しおかぜキッチン」では毎月、ひとり親、その子どもたちとボランティア、そして宮古社会福祉協議会のスタッフが集まり、いっしょにご飯をつくる、食べる、楽しい時を過ごす、そして時に困りごとの相談にのる場になっています。
いままでのしおかぜキッチンの活動報告

しかし、市街地で実施する「しおかぜキッチン」には、自宅から遠くて気軽に参加することが難しい方々がおられます。そこで、宮古市社会福祉協議会では、①市街地から離れた地域の方々が子ども食堂にアクセスできること、②開催地域の方々が活動を担うことで、困難を抱えた世帯やその子どもたちへの理解を地域全体で深めていくこと、③参加対象は困難を抱えた世帯に限定せず、地域のすべての子どもたちを対象とすることで、困難を抱えた子どもたちが排除されない、包摂された地域づくりを目指すこと、を目的として宮古市の各地で子ども食堂「しおかぜダイニング」の開催を目指してきました。そして今回、宮古市の津軽石公民館ではじめての「しおかぜダイニング」が実施されました。当日は20名を超える子どもたちと保護者が参加してくださり大盛況でした。

今回は初めての開催でしたので、最初にボランティアの皆様が集まり自己紹介をしてから、早速調理開始です!メインメニューは「豚汁、おにぎり、サラダ」でした。

食事準備

食事準備

おにぎりづくりは、子どもたちもお手伝いで参加しました。ボランティアの皆さんが優しくサポートしてくださり、出来上がったたくさんのおにぎりを見て、大人も子どももにっこり笑顔になりました。

おにぎり作り

おにぎり作り

食事の完成です!
地域の皆さまからの差し入れでお漬物やフルーツも加わり、おいしいランチが完成しました。子どもたちは近くに座った大人と話しながら楽しく食事をして、「おいしい!」という声もたくさん聞こえてきました!

食事の完成!

食事の完成!

食後は公民館内のホールで自由に遊びました。会場には輪投げ、ピアノ、オセロやお絵かきコーナーなど、楽しい遊具がたくさん用意されており、高校生ボランティアと一緒に楽しく過ごしました。

食後の遊びタイム

食後の遊びタイム

TH_05_201901

終了後は、参加してくださったボランティアの皆様が集まり、振り返りを行いました。皆様からは「子どもたちがまた来たい!と言ってくれた」「一緒におにぎりを作るのが楽しそうだったので、次回も手作りメニューがよいかも!」「ドーナツなどお菓子の手作りもいいですね!」などなど、次回の開催に向けた素敵なアイディアがたくさん生まれました。これから津軽石地域での活動が続き、地域の多くの子どもたちに届くことを願っています。


パートナーミーティングで使用した「地域との関係づくり虎の巻」がダウンロードできます

2018.12.12

普段は別々の地域で活動するJENの東北事業のパートナー団体が一堂に会する年に一度のイベント「東北パートナーミーティング」を、2018年9月4~5日に、岩手県の北上駅近くの宿泊・会議施設「ホテルシティプラザ北上」で開催しました。今回は、東北各地から5団体の皆様が参加してくださりました。

<参加団体>

  • インクルいわて:ひとり親家庭を中心とした親子の居場所・地域力の結集の場としての「こども食堂」を実施(岩手県盛岡市)
  • 男の介護教室::ケアマネージャー、歯科関係者、医師、栄養士などが行う男性介護者の支援(宮城県石巻市)
  • SAVE TAKATA:中高生によりまちづくりとおとなとのチームワーク推進 (岩手県陸前高田市)
  • 福島県助産師会:助産師が行う母子の支援と、医師や栄養士、保育関係者などの多職種連携の推進により、母乳育児や離乳食期をサポートする活動(福島県全域)
  • 宮古市社会福祉協議会:ひとり親家庭を中心とした親子の居場所・地域力の結集の場としての「こども食堂」を実施 (岩手県宮古市)

*インクルいわては既にJENの資金面での支援は終了していますが、事業内容面での交流やサポートを続けています。

各団体の活動分野は異なるものの、地域の連携を通して、地域の力を活かしていくこと、対象となる方々をエンパワーしていく点では共通しています。今回のミーティングでは、①各団体に蓄積されたノウハウ・知見の共有、②ニーズ調査やモニタリング、評価等、よりよい事業のために情報を得る手段としてインタビュー技法の研修(講師:一般社団法人参加型評価センター 代表理事 田中博先生)を行いました。

この研修の中で、「地域の協力者を増やしていくためにどうすればよいか?」というテーマで、ディスカッションを行いました。各団体の皆様からは、地域の方々とお話する際に心がけていることや、チラシ・WEBサイト等での情報発信など、これからより多くの地域の協力者を得ることにつながる知見が得られ、とても実り多い内容となりました。

このパートナーミーティングで使用した「地域との関係づくり虎の巻」という資料をダウンロードしてご覧いただけます。

「地域との関係づくり虎の巻」をダウンロード


JEN東北パートナー・ミーティング2018 を開催

2018.09.14

JENの東北事業のパートナー団体は年に1度集まり、「JEN東北パートナー・ミーティング」を開催していました。3回目となる今年は、5団体、10人が参加し、ここにJENの東北事業担当スタッフ2名と研修や評価をサポートする外部専門家2名が加わり、次の目的のもと、9月4日・5日の二日間にわたって実施しました。

集合写真

みんなで集合

1.各団体の知見を共有する
団体の活動分野は異なるものの、地域の連携を通して、地域の力を活かしていくこと、対象となる方々をエンパワーしていく点では共通しています。今回のミーティングでは、各団体に蓄積されたノウハウ・知見を共有しました。

2.インタビューの技術を習得する
ニーズ調査やモニタリング、評価等、よりよい事業のために情報を得る手段としてインタビューの方法を学びました。

3.JENとのパートナーシップを評価する
この3年間を振り返ってJENがパートナー団体を適切にサポートしているか、またJENとのパートナーシップが機能しているかを外部専門家が評価し、よりよい伴走支援ができるようにするとともに、今後の教訓を残します。

JEN東北事業統括の高橋による、事業・団体に関しての課題の抽出のワークショップに続いて、一般社団法人参加型評価センター代表理事 田中博氏による、インタビュー技法の講義と演習でを実施、インタビューでは、最初に抽出した課題に関して他団体へのインタビューを試みました。

インタビューの様子01

インタビューの様子01

インタビューの様子02width=

インタビューの様子02

2日目は 評価の専門家・中谷美南子氏によるJENのパートナーシップ評価をJENのスタッフが入らない形で実施、存分にパートナー団体に評価して頂いました。続いて、田中氏によるフォーカス・グループ・ディスカッション (FGD)の講義と演習そして、前日に抽出した課題に関してFGDを試み、貴重な教訓を各団体・JENとも得ることができました。

ワークの様子

ワークの様子

参加者からは
「自分たちの団体の課題が再認識できた、他団体からの学びがあった」
「田中先生のお話がとてもわかりやすかった。インタビューについて深く勉強させていただいた」「質的評価の技法を自団体の事業や普段の活動に活かしていきたい」
といった声があがり、有益なミーティングになりました。


1 / 4012345...最後 »