宮城

東北の復興から発展へ 生きる力をサポート

あなたの支援・寄付で世界の難民に自立を

1日50円からできる支援

あなたの支援・寄付で世界の難民に自立を

ご寄附は税控除の対象になります。

宮城

JENは震災直後に宮城県石巻市に事務所を構え、避難所での炊き出しや家屋の泥だしから始まり、仮設住宅に移った人びとへの生活用品配布、震災で心に傷を負った人々のこころのケア、震災を機に失われつつあったコミュニティの再生などの支援を行ってきました(2015年10月までの活動内容についてはこちら)。

震災から時が経つにつれて、石巻をはじめとした被災地が直面しているのは、若い世代の流出、介護問題、貧困問題等、震災前からあった課題で、震災をきっかけにさらに深刻になったもの、顕在化したものとなりつつあります。現在JENは下記の3つの方針で、パートナー団体とともに東北をサポートしています。

(1) 事業づくりに際し一緒に考えます。

(2) 事業の実施に必要な活動費を提供します。

(3) パートナー団体の実施力を強化するカスタムメイドの研修やネットワーク作りを支援します。

「こども食堂」 (岩手県盛岡市)

岩手県でJENは地元のひとり親支援の専門NPO『インクルいわて』とパートナーシップを組み、盛岡市の『こども食堂』の2016年1月のオープンから支援しています。日本のひとり親の8割以上が働いているにも関わらず半数以上は貧困状態にあり、またひとり親のお母さん、お父さんは時間に追われて地域から孤立しがちです。ひとり親とその子どもたちが孤立しがちな現状を変えるために、インクルいわての行う『こども食堂』では子どもだけではなく保護者にも参加を呼びかけます。食後は子どもたちが大学生のボランティアに勉強をみてもらったり、遊んだりしている間に、経験豊富なスタッフがひとり親の方々の生活相談に対応したり、親同士が情報交換を行います。その他、参加者のニーズに応え、子どもの学用品や制服の寄付を地域から受け付けるなど、岩手県内で支援の輪を広げる取り組みも行っています。

こども食堂の様子
こども食堂 カレーライス
インクルいわて ロゴマーク
パートナー団体:特定非営利活動法人 インクルいわて

若者が活躍する地域に

東日本大震災により甚大な被害を蒙った岩手県陸前高田市。震災後には長引く避難生活や産業の停滞等により多くの人が地域を離れざるを得なくなり、震災で亡くなった方とあわせて、震災以前と比べてこの5年弱で市の人口は2割近く減少しました。

JENは陸前高田市で「農業」「IT事業」「若者事業」を軸に活動する一般社団法人SAVE TAKATAとパートナーシップを結び、若い世代の人たちが希望を持って暮らしていける地域づくりをサポートしています。

一般社団法人Save Takata
パートナー団体:一般社団法人Save Takata
一般社団法人Save Takata ロゴマーク
(c)Save Takata

介護する人、介護される人の生活の質の向上を(宮城県 石巻市)

被災地ではそれまで三世帯で暮らしていた家が震災によって失われ、家族ごとに分かれて仮設住宅に入居したり、若い世代の家族が転出してしまったりする中、世帯人員が少なくなり、高齢の夫を妻が、または妻を夫が介護するケースが増えています。宮城県石巻市では、高齢の男性介護者の多くが突然料理や家事をする事態に戸惑い、周囲にも相談できずひとりで苦悩を抱え込むことに気付いた介護・医療の専門家有志が2014年から、「男の介護教室」を開催しています。JENは「男の介護教室」とパートナーシップを結び、プログラムの更なる充実をサポートしています。

講義をする河瀬歯科医師
講義をする河瀬歯科医師。
嚥下(えんげ)の専門家で、震災後石巻に移住。
地域医療に奔走しています。
パートナー団体:男の介護教室
(c) 男の介護教室
パートナー団体:男の介護教室

多様性・男女共同参画の視点の防災で災害に強い地域をつくる(福島県等)

地域には男性もいれば女性もいます。小さなお子さんもいれば年配の方もいます。さらには障がいや病気の有無、母国語の違いなど、実に多様な方々います。いざ、という時に備え、多様な人々が防災にかかわることこそが、災害に強い地域づくりにつながります。

震災後、東北の男女共同参画センターを中心に、『防災における男女共同参画の講座』が随時催され、自治体職員や消防関係者、住民リーダーが参加し、防災における男女共同参画視点の理解の重要性の取り組みが、徐々に関係者の間で広がってきています。こうした動きを加速させ、地域においてジェンダー主流化を根付かせるために、防災とジェンダーの知見と経験が豊富な「減災と男女共同参画研修推進センター」が現地の団体・個人の育成を担います。JENは『減災と男女共同参画研修推進センター(GDRR)』とバートナーシップを結び、その活動をサポートします。

GDRRに参加している様子
(c) 減災と男女共同参画 研修推進センター(GDRR)

東北の復興から発展へ 生きる力をサポート

あなたの支援・寄付で世界の難民に自立を

1日50円からできる支援

あなたの支援・寄付で世界の難民に自立を

ご寄附は税控除の対象になります。