シリア難民支援速報

2/21 拡大を続けるヨルダンの難民キャンプ

2013.02.21

1月18日に幣団体のシリア難民緊急支援についての報告会を東京にて開催いたしました。当日は多くの方にご参加いただき、シリアから避難を余儀なくされた人びとの生活や支援について紹介することができました。ご参加くださった皆様に心より感謝申し上げます。

ここヨルダンには、これまで以上に毎日多くの人びとがシリアより避難してきています。現在は近隣諸国で最大の受け入れ国となっています。ヨルダン政府、国際機関、NGO等、世界中から集まる全ての団体がこの緊急事態に全力で取り組んでいますが、そのニーズ全てに応えるには、まだまだ多くの多様な支援が必要なのが現状です。

今週、一時休暇を終え約ひと月ぶりにヨルダンに戻り、ザータリ難民キャンプを訪れました。キャンプの人口は、わたしが不在にしていた間に約5万人も増加しており(UNHCRの発表2月12日時点で約10万8千人が滞在)、現在も毎日拡大を続けています。

【見渡す限りキャンプが拡大中です】

たった1ヶ月なのに、どこか異なるキャンプを訪れているのか?と感じるほどに様子が一変しており、ただただ驚きました。また、開設当時、がらんとしていたキャンプ内のJENフィールドオフィス周辺にまで、多くの商店が立ち並んでいます。多くの人が行き来し、さながら目抜き通りの中心にオフィスを構えているかの様子です。

【オフィス前に広がる商店街】

人口の増加にともない、そこに暮らす人びとが衛生設備(トイレ、給水場等)を使用する頻度も増しています。JENが立ち上げをサポートしているキャンプ内の水衛生委員会での議論も活発になっています。

現在、キャンプ内の2つの地域にて衛生委員会が立ち上がっています。今後もキャンプ内のコミュニティ強化を促進するため、拡大を続けるキャンプ内の全ての地域において同様の活動を行いますが、そのための準備を行っています。


シリア難民緊急支援。皆様のご支援をお願いいたします。

2013.02.20

JENでは、シリア難民への緊急支援を行っています。

プロジェクト概要は、こちら

長引くキャンプでの生活に人々の健康状態の悪化を懸念しています。

冬を迎えたヨルダンで、厳しい避難生活を送るシリア難民の人々へ、

皆様のご寄付をよろしくお願いいたします。

ご寄付は、こちらで受け付けております。

 

 

 


2/8 シリアの子どもたちとヨルダンの人々のために

2013.02.08

シリアから逃れてきた人々が住んでいるのは、難民キャンプだけではありません。その約50%がキャンプ外のホストコミュニティで暮らしています。今日、シリア難民がヨルダンの人口に占める割合は約5%にものぼっており、ホストコミュニティ内でのサービスや施設のキャパシティ不足が問題となっています。その影響を最もうけているのは学校で、特に衛生面での懸念から水衛生関連設備の整備が緊急の課題となっています。 そこで、JENは、子どもたちの学習環境、特に水衛生の観点から改善するために、ヨルダン国内の4県で、公立小中学校のニーズ調査を行っています。

先日訪問した学校では、水飲み場がなく、トイレの横に設置された蛇口で子どもたちは手を洗ったり水を飲んだりしていました。蛇口が壊れているので、子どもたちは水を使いたいときは塀の上に登ってタンクの栓を開けなくてはならず、とても危険な状態でした。

それでも、学校の校長先生は、「設備は不十分だけど、勉強したいというシリアの子どもたちを喜んで受け入れたい」と言っていました。 うれしいことに、ホストコミュニティでのシリアの子どもたちの就学率は、とても高いです。避難生活をおくっている子どもたちが、これからも笑顔で遊べるよう、学習環境を整えることが急務です。

この事業は、支援者の皆様、そしてジャパン・プラットフォームの協力を得て実施しています。


ユニセフの協力を得て、ヨルダンにてシリア難民への新しい支援活動がスタートしました。その2

2013.02.04

ザータリキャンプでは、今日もユニセフとの協働プロジェクト、衛生環境の改善に向け、ヒアリングが行われています。「難民キャンプで衛生教育をするなんて、前代未聞」と言われていますが、JENにとってはこれこそ、健康を保つために譲れない支援だと考えています。皆様のご支援をよろしくお願いします。

ザータリキャンプにて、衛生環境についてのヒアリングを行うJENスタッフ

シリア難民支援について、くわしくは、こちらへ

 

JENは、国連の事業パートナーとして、ヨルダン国内に避難するシリア難民を支援しています。事業パートナーのリストは、こちら

衛生環境の改善は、急務です。

☆☆☆☆☆ 参加者大募集中! ☆☆☆☆☆

2/18、2/20 ニュージーランドワインのチャリティ試飲会を開催いたします!

東京会場
■日時:2013年2月18日(月)18:30 – 20:30(18:00開場)
■場所:ザ・リッツ・カールトンホテル東京 2階 グランドボールルーム

大阪会場
■日時:2013年2月20日(水)18:30 – 20:30(18:00開場)
■場所:ホテルモントレ大阪

お問い合わせ、お申込みは、こちら

☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆

 

長引くキャンプでの生活に人々の健康状態の悪化を懸念しています。

冬を迎えたヨルダンで、厳しい避難生活を送るシリア難民の人々へ、

皆様のご寄付をよろしくお願いいたします。

ご寄付は、こちらで受け付けております。

 

 

 


ユニセフの協力を得て、ヨルダンにてシリア難民への新しい支援活動がスタートしました。

2013.01.23

2012年9月、JENはヨルダン最大のザータリ難民キャンプでシリア難民への支援活動をスタートました。

去る1月16日、国連UNHCRと調整を重ねてきたザータリ難民キャンプ内で、5000世帯への衣類配布を完了しました。(配布の様子は、こちら)衣料品配布は、引き続きシリアとの国境近辺を拠点に実施します。

これと並行して、JENは、キャンプ内外の衛生環境をくまなく調査してきました。キャンプ内での調査については、こちら

キャンプ外、シリアから避難している子ども達を受け入れている公立小学校での調査の様子は、こちら

シリア難民をとりまく衛生環境改善のために、キャンプ内の環境整備をスタート。この活動を迅速に、的確に対応するため、隣国、JENイラク事務所にて、2003年から衛生教育支援を行っているスタッフを首都バグダッドからおくり、ヨルダンのスタッフへトレーニングを行いました。

これより、JENイラクのスタッフから学んだ知識を、ヨルダンでの活動に活かす日々がスタートします。
皆様の、ご協力、ご支援をなにとぞよろしくお願い申し上げます。

【メディア情報】JENのシリア難民支援について、1/27 BS朝日「いま、世界は」にジャパンプラットフォーム傘下団体の緊急支援として、登場予定。お見逃しなく。くわしくは、こちら

*** *** *** *** ***

プロジェクト概要は、こちら

JENは、国連の事業パートナーとして、ヨルダン国内に避難するシリア難民を支援しています。事業パートナーのリストは、こちら

☆☆☆☆☆ 参加者大募集中! ☆☆☆☆☆

2/18、2/20 ニュージーランドワインのチャリティ試飲会を開催いたします!

東京会場
■日時:2013年2月18日(月)18:30 – 20:30(18:00開場)
■場所:ザ・リッツ・カールトンホテル東京 2階 グランドボールルーム

大阪会場
■日時:2013年2月20日(水)18:30 – 20:30(18:00開場)
■場所:ホテルモントレ大阪

お問い合わせ、お申込みは、こちら

☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆

 

長引くキャンプでの生活に人々の健康状態の悪化を懸念しています。

冬を迎えたヨルダンで、厳しい避難生活を送るシリア難民の人々へ、

皆様のご寄付をよろしくお願いいたします。

ご寄付は、こちらで受け付けております。