シリア難民支援速報

ガザ難民キャンプからザータリ難民キャンプへ

2017.02.16

若いエンジニア、ワエル・アブ・レヒエにとって、今ザータリ難民キャンプで経験していることは、ガザ難民キャンプで自身が経験してきたこととそれほど変わりません。

ワエルは、ガザ難民キャンプでの自身の経験を活かし、ザータリ難民キャンプでは、下水道網プロジェクト第一フェーズの、施設間の下水道管接続に係る建設工事を監督しています。

20170215_JD_This is Wael1

【ベースキャンプのJENキャラバンで、一日の進捗を書き留めるワエル】

下水道網プロジェクトは、学校、病院、モスク等の水道網をつなげるため、JENおよびキャンプ内でシリア難民を支援している他団体によって2016年12月に始められました。これらの水道網工事は、コンクリート製分離タンクの提供、下水管の敷設、マンホールの設置等に関連する仕事も含みます。

WASHサービスの提供はJENの責任下にあり、ほとんどのNGOの事務所があるベースキャンプおよびザータリ難民キャンプ3・4・5区にある計58の機関・施設が水道網で結ばれることになります。

日々の通常業務は、まず3・4・5区を歩き回り、キャンプの敷地内を見渡し、前日の活動箇所をチェックするところから始まります。そして掘削と水道管敷設の工事計画を立て、同時に関連するオフィスワークも忘れないように行います。

今日は、キャンプの受付エリアにおけるコンクリート製タンクの設置とその接続工事を行いました。工事では重機を扱い、大きな分離タンクの上げ下ろしも伴うため、工事中は安全が第一です。

20170215_JD_Crane suspending2

【分離タンクが持ち上げられるのを見るJENスタッフ】

20170215_JD_Water pipe3

【分離タンクと学校のトイレを繋げるパイプ接続工事】

ワエルは話します。
「ザータリ難民キャンプに来る前、私はガザ難民キャンプで難民として、契約者の元、下水道網の工事を行っていました。キャンプ住人に、自分のコミュニティにもっとも質の高い仕事を提供するというさらなる責任が加わり、そして私はそれをやり遂げました。」

ザータリ難民キャンプでは、キャッシュ・フォー・ワーク*を通してシリア難民にこのプロジェクトで働いてもらうという、ガザ難民キャンプで彼が経験したものと同じアプローチが取られています。難民を経済的に支援すると同時に、キャンプのインフラに関して難民自身の主体性と責任感を醸成します。

工事の過程ではいくつかのチェックが行われます。掘削孔の深さ、パイプの傾き、マンホールの場所・段切り・絶縁、水密試験。そして、工事の進捗に伴いその質と量を担保するため、すべての試験の記録と結果が毎日更新され、報告されます。

20170215_JD_The checking the hight4

【パイプの適切な傾きを保証するため、高さを測定】

20170215_JD_inside the manwhole6

【写真上:マンホール下の受けを乾燥させる/写真下:マンホール内部の段切り】

ザータリ難民キャンプが街へと変遷していっている今、ワエルは今の仕事で成果を出しつつ、将来の新しいプロジェクトを探しています。

現在のプロジェクトは2017年2月末で終了予定であり、計103基のタンクが導入され、計2kmのパイプが敷設されます。下水道網第二フェーズの工事が3月から始まるため、第一フェーズを2月末までにすべて終了する必要がありますが、スケジューツはかなり厳しいです。

第二フェーズでは第一フェーズで導入されたすべてのタンクを下水処理場に繋げていきます。
ワエル・アブ・レヒエ
JENヨルダン エンジニア

 

*キャッシュ・フォー・ワーク、「労働対価による支援」は、被災者みずからが復旧・復興のために働き、対価が支払われることで復興を促す支援プログラムのことをいう。

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。

▼クレジットカードはこちらから

jordan

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


ザータリの冠水被害に対応中

2017.02.02

先週末、アンマンに今年初めて、雪が積もりました。

20170202_JD_snowing1

ザータリキャンプのある地域では雪は降らなかったものの、週末を通して雨が降り続いたため、キャンプ内各所で冠水被害が増えました。例年通り、JENを含む水・衛生関連の支援を担当している団体は、汚水汲み上げトラックを冠水被害の大きいエリアに送り込み、被害を縮小できるよう尽力しました。

20170202_JD_flooding2

【冠水した商店街】

20170202_JD_flooding3

【冠水した住居エリアの道】

20170202_JD_Lorry4

【汚水汲み上げトラック】

20170202_JD_JEN and UNICEF staff5

【ユニセフに被害状況を説明するJENスタッフ】

まだまだ雨期は続きます。シリア難民の方々の住居に水が浸入しないように、住居エリアの道が冠水しないように、ザータリキャンプの人々の生活に支障をきたさないように、JENは雨期特有の支援を今年も続けています。

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。

▼クレジットカードはこちらから

jordan

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


The Road ×クーリエ・ジャポン|「愛する母のために…」1日わずか2ドルの労働に耐える11歳

2017.01.23

 cj_logo_blue_100px [ 本連載は、クーリエ・ジャポンとの連動掲載です。 ]
ヨルダンのザータリ難民キャンプで創刊された、“難民の難民による難民のための”月刊誌「THE ROAD(ザ・ロード)」。同誌から選りすぐった傑作記事や動画を毎月お届けする。

20170123_JD_Photo1
若者たちが未来を前向きに見据える一方で、難民キャンプでは児童労働が深刻な問題となっている。家族のために自分を犠牲にして、厳しい労働やいじめに耐える11歳の少年を描いた動画「生きるために」は、胸を刺すような映像美がいっそう悲しみを誘う。(ザ・ロードの詳細はこちらから

.

2017年のシリア難民の願いは? 帰還を夢見る老人たち、復興を目指す若者たち
Interview by Yasser Al Hariri

ザータリ難民キャンプに暮らすシリア難民の2017年の願いは、世代によって違う。それはきっと紛争が始まってからの5年の間に、考え方や未来に対する希望が変化したからだ。
20170123_JD_Photo2
PHOTO: COURTESY OF THE ROAD

老人たちは、シリアに平和が戻ること、そして一刻も早く帰還できることを願っている。若者たちは、もっと現実的だ。彼らは、紛争によって壊滅的に破壊されたシリアをどう立て直すかを考えはじめている。

「ザ・ロード」のスタッフが新年を迎えるにあたり、何人かのシリア難民を取材し、2017年の願いを聞いた。

エルハム・アフマッド・アル・シュワムラ(45)──新年には、すべてのアラブ諸国に平和をもたらしてほしい。そして、故郷に戻りたい。もう離れて数年たつが、私がシリアを忘れることは、一生ないだろう。

オム・ジハッド(45)──私たちはまだ、シリアに戻るという希望を捨ててはいない。2017年はシリアが平和になることを願う。そして昔のように、住んでいた村の林道を歩き、木の下でゆったり座るような美しい日々を過ごしたい。

オム・ウィサム(36)──ザータリキャンプには数ヵ月しか、滞在するつもりはなかった。まさか2017年をこの地で迎えるとは、夢にも思わなかった。素晴らしい故郷シリアと、そこで過ごした日々を忘れることはできない。だからこそ私は辛抱強く、帰る日がくるのを待っている。早く愛する家族や親戚のもとに帰りたい。

モナマッド・サイフディン(9)──2017年は、シリアに帰って、僕たちが暮らしていた大好きな村に戻りたい。そこに住んでいる友だちに会って、一緒に遊んで、昔のように楽しい日々を過ごせたらどんなにいいかと思う。

オマール・アデル・ガズラン(18)──2017年は勉強を頑張る。そして、シリアに戻ったら仲間たちと一緒に国の復興に尽くしたい。

スンドゥス・ユーセフ・アル・ハリリ(19)──今年は中学校を卒業して、将来は、(ヨルダンの)アル・ヤルムーク大学でアラビア語か、通訳・翻訳を学びたい。そして、そのまま勉強を続けて、専門家になるのが夢。

ブシュラ・アフメッド・アル・ハリーリ(19)──今年は、タウジーヒ(全国一斉検定試験)でよい成績をとって、将来は大学で英文学を学びたい。それと、ザータリキャンプの支援団体のサービスがもっとよくなるよう、祈ってる。

アメラ・モハメッド・アル・ハリリ(58)──2017年は、みんなに幸せが、そしてイスラム教徒とアラブ諸国に平和が訪れ、すべての難民が母国に戻れますように。


.

「シリアの代わりになる国など存在しない。だから戻るという希望を決して、捨てはしない」
Text by Hajer Al Kafri

シリアに帰りたいという希望を抱きながら、また1年が過ぎ、そして新しい1年が始まる。紛争が子どもたちを奪う前に、私たちが暮らしていた母国の大地を再び踏みたいと、常に願っている。この希望を失わないまま、生きていきたい。

ようこそ2017年。新年に期待することは多いが、どうか愛と喜びに満ちた平和な日々が続き、みんながシリアに戻れますように。

ここザータリキャンプでも、太陽が昇れば子どもたちは学校へ行き、私たちは仕事に行く。礼拝をし、伝統を次世代の子どもたちの心に刻んでいく。

難民キャンプに暮らしながらも勉学を続け、大学に通うシリア人も多い。明るい未来を描けるほどに、とても優秀な学生もいる。その優れた能力は、母国シリアのために役立ててほしい。私たちの心には、シリアの代わりとなる国は存在しない。

だから私たちは「シリアに戻る」という希望を決して捨てない。

ようこそ2017年。私たちはこの先に訪れる素晴らしい日々を夢見ている。いったい、何が起こるのだろうか? それは誰も知らない。強さと忍耐を示したシリア難民には、神の意志により美しい日々が待っていると信じよう。

そう信じながら、父親たちは勇気を持ち、母親たちは辛抱強く、子どもたちは勤勉に、人生を歩んでいこう。


.

「生きるために」──1日わずか2ドルで働く11歳のムハンマド
Directed by IN TRANSIT TEAM / Project Director Omar Braika / Supervisor Cyril Cappai, Hada Sarhan

(以下は字幕の日本語訳)
0:01 JENは、国連機関や他のNGOとともに、ザータリ難民キャンプ設立当初から、子どもたちが労働の場を離れ、学校に通えるよう、支援活動を継続している。
0:07 手押し車が重すぎて、まっすぐ歩けないよ。
0:30 僕の名前は、ムハンマド・アドナン・アルジュルム。いま、11歳。
0:32 好きなことはサッカーとビー玉で遊ぶこと。
0:45 お祈りが終わったら、手押し車を持って仕事に出かけるんだ。

20170123_JD_Photo3
PHOTO: COURTESY OF THE ROAD

1:00 毎日仕事が終わったら、お母さんに稼いだお金を渡すよ。
1:20 もらえるお金は大体1.25JD(約200円)とか0.75JD(約160円)とか、0.50JD(約80円)とか、それぐらい。
1:31 仕事をするのは、お母さんを助けたいから。
1:35 お母さんを喜ばせたいんだ。
1:53 僕の仕事では手押し車を使う。手押し車で荷物を運ぶんだ。
1:56 たとえば、マーケットで買い物した人の荷物とか、キャンプの入口まで荷物を運びたい人の手伝い。
3:10 お客が見つかると、他の男の子たちがきて「金をよこせ」って言うんだ。
3:20 お金を渡さないと、ぶたれる。
3:23 彼らは僕のお金で、タバコを買う。
3:27 男の子たちは、鉄の棒とかロープとかムチを持っている。
3:32 手押し車を壊したり、僕のことをぶったりする。
4:12 僕はお母さんと一緒にシリアから来た。
4:15 ここで生きるためにザータリに来た。
4:19 お父さんはシリアに残った。ここにいるのは、お母さんと兄弟と、僕。
4:26 もしお父さんが一緒にいたら、僕は働かずに、幸せだっただろうな。
4:56 ときどき、お母さんはキャンプの外でトマト農園の仕事をしたらって言う。
5:02 それなら、他の子たちにぶたれない。
5:15 僕は、先生になりたいんだ。
5:17 学校を1日だって休みたくない。
5:21 そして、ちゃんといまの学年を修了したい。
5:24 大きくなるまで学校に通って、先生になって、子どもたちを教えるんだ。
5:31 愛してる。
5:37 ザータリ難民キャンプでは5~17歳の子どもたちのうち、1,119人が労働に従事している(2016年国家児童労働局調べ)

The Road ×クーリエ・ジャポンの記事はこちらからもご覧いただけます。
.

 cj_logo_blue_100pxクーリエジャポンで連載中のコンテンツを、編集部のご厚意により、JENのウエブサイトでもご紹介させていただいてます。

ザータリ難民キャンプでのリサイクリング・プロジェクト

2017.01.19

私の名前はモーメン・オマリです。ザータリ難民キャンプでリサイクリング・プロジェクトを担当しています。
リサイクルには様々な利点があり、私たちの活動では次のような効果を想定しています。限られた資源の有効活用、キャンプ内の清潔な住環境を維持するためのゴミの削減、そして男女共により広い年齢層の難民に対する新しい収入機会の創出です。

この活動は2015年夏に欧米系の国際協力NGOが、キャンプ内12区域のうちの1区域で試験的に開始し、2016年11月までに全ての区域で実施されるようになりました。JENはこの国際協力NGOと協力しながら3,4,5区でのリサイクル・プロジェクトを担当しています。

目的はガラス・金属・布・段ボールや紙などのゴミを減らすため、日常生活で発生するリサイクル可能なゴミを回収することです。これらの資源ゴミは各世帯から集められ、キャンプ内の居住区域から離れた場所にあるリサイクルセンターに送られ、そこで種類別に分けられます。

JENの担当区域では、24人のシリア人女性が動員係として、また18人のシリア人男性が資源ゴミを回収する係として働いています。彼らグループは、このリサイクリング・プロジェクトについて、またどのように人びとコミュニケーションを取り、メッセージを伝えるか等について研修を受けました。資源ゴミの分別はシリアの人びとにとって馴染みのないことなので、私たちはこのプロジェクトの重要性や、どんなゴミを集めればいいのかについてまず説明しました。
20170119_JD_instruction1

 

 

 

 

 

 

 

【スタッフが人びとにプロジェクトについて説明します】

 

研修のあと、動員係たちはそれぞれの家庭への訪問を始めました。一方、資源回収グループは資源ゴミを集めるために各世帯を訪ねました。彼女たちの説明でこのプロジェクトの意味をよく理解した家庭は、資源ゴミを分けて取っておくことに協力してくれます。資源ゴミの分別をやりやすくするため、私たちは各家庭にゴミ箱を配りました。そしてこのプロジェクトがうまくいくよう、私はチームのプロジェクト進行状況をモニターし、チームメンバー間の調整を図りました。
20170119_JD_provision2

 

 

 

 

 

 

 

 

【各家庭にゴミ箱を配布】

 

動員係の女性たちは、このプロジェクトに対する理解が得られず、資源ゴミの回収に協力してもらえない家庭があったり、資源回収グループとの調整がうまくいかないなどの問題に直面しましたが、私はそのような場合にもアドバイスをし、一緒に解決にあたるようにしました。
20170119_JD_group seesion3

 

 

 

 

 

 

【女性住民たちとのグループセッション】

 

それでも解決しない場合は、私が直接その家を訪問しこのプロジェクトの目的について話し合い、彼らを説得すると同時に、そうしたやり方をチームメンバーに見てもらうようにしています。動員係の女性たちはこうした問題を一つずつ解決していくことで、コミュニケーション能力を少しずつ向上させています。
20170119_JD_group meating5

 

 

 

 
【プロジェクトを人びとにどのように説明したらいいかについてのスタッフ間での話し合い】

 

 

私はこれまで5年間、JENをはじめいくつかの人道支援団体で支援活動に従事してきました。その経験を通して、困難な状況にいる難民とどのように向き合い、どう支援していくべきかを学びました。難民の人びとに役に立っていると感じるとき、自分のことを誇りに思い、さらにスキルを向上させたいという気持ちになります。私はさらにマネジメントスキルの向上を図りたいと思っています。

モーメン・オマリ
リサイクリング 事業担当

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。

▼クレジットカードはこちらから

jordan

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△


戸別トイレの改良工事スタート!

2016.12.15

現在、ザータリ難民キャンプに住む多くの人びとは住居の敷地内に、自らまたは、技術を持っている他の難民の方に依頼をして、トイレを設置する人が増えています。そのため、支援団体が数年前に設置した公共のトイレ施設を使用する方はほとんどいなくなり、公共トイレはその役目を終えようとしています。

しかし、技術やお金がなくいまだに戸別トイレを持つことのできない家族もいます。また、トイレを持っていても、住居の床に穴があるだけや、壁がない、換気用の窓がない、ドアに鍵がかけられないなど、水・衛生支援関連団体で定めている最低基準を満たしていないトイレ設備が数多く見られます。

難民の方々が尊厳のある暮らしができるよう、現在JENは急いでトイレの改良工事を進めています。

 

20161215_JD_Seflmade toilet before construction1

 

 

 

 

 

 

 

【住民が自ら設置したトイレ(工事前)】

 

 

 

20161215_JD_after restored toilet2

 

 

 

 

 

 

 

【改良したトイレ(工事後)】

 

 

 

20161215_JD_the outside of the restored toilet3

 

 

 

 

 

 

 

【改良したトイレの外観(工事後)】

 

 

 

20161215_JD_the restored team4

 

 

 

 

 

 

 

【改良作業中のトイレ工事チーム】

 

 

 

20161215_JD_setting up a washbasin5

 

 

 

 

 

 

 

【洗面台を設置中】

 

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

JENでは、皆様からのご寄付を受け付けています。ご協力をよろしくお願いします。

▼クレジットカードはこちらから

jordan

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△