JEN東北事業部のボランティア支援活動に関する方針 

お知らせ|2014.07.05

支援者の皆様、

東日本大震災は、各地に甚大な被害をもたらしましたが、震災当初から多くの皆さまのご支援を受けて、東北を中心に被災各地は課題にぶつかりながらも復興に向けて少しずつ前進しています。JENでは、復興の推移に合わせて活動内容を見直すことにより、効果的な自立支援を行ってきました。

この活動方針に伴い、震災直後から多くの方にご参加頂き、泥だしに代表されるような人手不足を補う形での活動を通じて漁業やコミュニティの支援を行い、復興を後押ししてきましたが、復興してきた地元の自立を妨げないように、2014年1月より定期的なボランティア受入れ活動を実施しないこととなりました。

2014年からは、不定期のボランティア募集、またイベントでの交流を通じて、参加者と地域の皆さんが共に地域の課題・復興について意見を交換することで復興をサポートしていきます。被災地の復興を願ってくださっている皆様に、復興のパートナーとして共に地域を盛り上げていただけることを願っています。

現在、参加・体験型のイベント『浜へ行こう!』をサポートしています。浜の皆さんの発案から始まったこの取り組みは、人の流れを牡鹿半島へ呼び込み、交流により地域の復興・活性化を後押しすることを目的としています。支援者の皆様には、復興へ向けての意見交換などを通して、ぜひ豊かな自然とおいしい海産物に恵まれた牡鹿半島を応援していただきたく、よろしくお願いいたします。

詳しい日程などは決定次第、JEN公式ホームページに掲載しています。

http://www.jen-npo.org/topics/#a3

なお、不定期ではありますが支援活動のサポートを募集いたします。その際は、ホームページにてお知らせしますので、ぜひご参加いただけますよう、お願いいたします。

ニュース一覧へ戻る