フィールド体験

事業地を訪問して、JENの自立支援を体験。
一緒に支援の輪を広げませんか。

東北

復興支援ボランティア

東北ボランティア

これまでに、延べ13,000人近くの方が、東日本大震災の復興支援ボランティアに参加しました(2014年5月現在)。

 

2014年1月からは、復興の推移に合わせて活動内容を見直しことにより効果的な自立支援を行うために、定期的なボランティア活動は、募集しておりません。事業に伴う不定期なボランティア作業の募集の際は、ホームページでお知らせをいたします。ぜひ、参加していただけますようにお願いいたします。

 

現在、根本的な自立の基礎となるであろう人の流れを呼び込むため交流に重点を置いた牡鹿体験プロジェクト『浜へ行こう!』を行っています。豊かな自然とおいしい海産物に恵まれた牡鹿半島を訪れて、地元住民を交流することを通じて地域の皆さんが元の生活に戻るための前向きな気持ちを一緒に後押しするために、今後も皆さんのご参加をよろしくお願いいたします。

東北ボランティア

 

 

東北支援について詳しくはこちら >>

ボランティア募集はこちら >>

交流プロジェクト「浜へ行こう!」はこちら >>

新潟

集落再生ボランティア

田んぼへいこう!!

2004年の中越大震災で、大きな被害を受けた十日町市池谷・入山集落。人びとは先祖から受け継いだ田畑を失い、もともと過疎化が進んでいた集落からさらに人が離れていきました。残された6世帯13人も、一度は村を捨てることを考えたと言います。

 

JENは、震災後の支援をきっかけに、2005年からこの村へボランティアの派遣を続けてきました。その数は6年間で延べ1000人。農作業や里山の生活体験を通じたボランティアと村人との交流が集落に活気をもたらし、 都会から5人の移住者を迎え入れるなど、村おこしへ向けた新たな挑戦が次々と生まれています。

 

 

田んぼへいこう!!

「集落再生ボランティア」は、今年で6年目。棚田の風景広がる美しい山間の村で、農作業を通じて、楽しく村おこしに参加しませんか?

 

新潟支援について、詳しくはこちら >>

集落再生ボランティア「田んぼへ行こう!!」について、詳しくはこちら >>

農作業ボランティアについて、詳しくはこちら >>

(特活)十日町市地域おこし実行委員会について、詳しくはこちら >>

 

フィールド体験 一覧