東北支援速報

【生計回復】歩み出したリサイクル業者 〜未来への一歩〜(2012.02.14取材)

2012.02.14

震災後、石巻市内では、町中にあふれた瓦礫を撤去したり、ゴミを収集してくれる専門の業者も被災し、業務ができない事態に陥っていました。

JENは、そんな被災業者へトラックを提供することで、瓦礫撤去やゴミ収集に貢献していただこうと思い調査を行いました。

調査の結果、最も被災状況がひどかったのは、旧北上川の河口付近に自宅兼事務所を構えていた創業120年のリサイクル業者の方でした。

震災当時、従業員33名のうち、10名が震災により亡くなられました。

失意の中で、仕事を再開するにも、まったく気力が起きない状況で「会社を再建したくても、現実には事務所も車も仕事も…何もないという現実がありました。どんなに頑張っても会社の再建はできない。やはり諦めるしかないのか。でも…」と、様々な葛藤があったそうです。

そんな中、JENが仕事で使うダンプカーやゴミ収集車を無償で貸出しますという話をすると、最初は信じてもらえませんでしたが、「車があれば、仕事ができる。会社を再開しなきゃ。一歩ずつし進めないけど、生かされた命だから、従業員のためにも頑張ろう」と、僅かですが希望の光が見えたそうです。

貸出したゴミ収集車

また、車が使えることにより業務を再開できるだけでなく、雇用促進の効果も生まれて、以前の従業員5人が戻ってきて働いているそうです。「得意先が7〜8割被災しているので、以前のようには仕事がこないけれど、鉄くず回収や受け入りの仕事もくるようになりました。これも仕事で使える車があるおかげですよ」と感謝の言葉をいただきました。

さらに、その車を使って津波でえぐられた岸壁の補修[m1] を行う等の社会への貢献活動にも無償で携わっていただきました。

【ダンプカーで岸壁を補修している様子】

最近では、被災にあった川口町の工場を、半分補修しながら残りの半分で稼働しているそうです。以前から仕事の一部として考えていた貿易分野にも取り組んでいきたいとおっしゃっていました。「これから先、いばらの道だけど、まずはマイナスからゼロへと一歩ずつ、着実に前に進んでいこうと思う」

【川口町の工場】

湊小学校での避難所生活は辛いこともありましたが、楽しいこともたくさんあったそうです。

「みんなで一緒にごはんを作って食べたり、山形から旅行のご招待もあったし、日本人の友情も捨てたもんじゃないですね。ありがたいですよ。日本だけでなく様々な国の方々との出会いや経験を通して、絆に国境はないですね」とおっしゃっていました。

「支援していただいた方々へ、どういう形でできるかわからないですが、恩返しをしていきたいです」と明るい笑顔を覗かせてくださいました。

【リサイクル業者の社長夫妻】

今回の事業は、支援者の皆さまと、ジャパン・プラットフォームのご協力により実施しています。少しでも多くの方々の自立を助けるために、これからもJENは希望の糧となるような支援をしていきたいと思います。一歩ずつ、希望があふれる未来へ向けて。

====
 緊急募金を受け付けています。

 ↓↓↓↓↓↓↓

○     郵便振替口座 00170-2-538657

口座名 JEN

通信欄に「東日本大震災」と記載ください。

クレジットカードはこちら

プルダウンメニューから「東日本大震災」をお選びください。

その他、銀行へのお振り込みに関しては、恐れ入りますが、

ジェン東京本部(03-5225-9352 担当:富田、浅川)までお問い合わせください。



仮設住宅での第1回カラオケ会

2012.01.19

1月19日(木)、河北地区にある仮設住宅の集会所でお茶っこ&カラオケ会を開催しました。カラオケは仮設住宅に暮らす方たちの要望に応えたもので、JENが取り組むコミュニティ支援活動では初めての試みとなります。

取材に訪れたこの日、集会所に入る前からすでに、カラオケの演奏に合わせてのびやかな歌声が響いてきました。

仮設住宅での暮らしが長く続くと、思い切り大きい声で歌う機会もありません。

「久々に歌ったなぁ。」
「普段声を出して歌うこともなかったから声が出ないな。」
「壁がうすいものね。」

照れながら歌う表情のなかに、仮設住宅に暮らす方たちの現実が垣間見えました。

JENスタッフとのデュエット曲をリクエストする声もあがり、笑い声や、楽しそうな歌い声が響きます。
また、昔働いていたカキの加工場でよく歌われていたという曲に懐かしそうに目を細める方もいました。
お菓子や漬物を持ち寄ってくる方もおり、この集会所がみなさんの拠りどころとなってきているのを感じました。

津波で小学2年生の孫を亡くし、涙をうかべながら演歌「孫」を歌う女性。
歌詞の「雪がとければ花も咲く―」に思いを託して歌う女性。
多くの方たちのさまざまな思いがつまったカラオケ会となりました。

=========募金を受け付けています=========
○郵便振替口座 00170-2-538657
口座名 JEN
通信欄に「東日本大震災」と記載ください。

クレジットカードはこちら

プルダウンメニューから「東日本大震災」をお選びください。

その他、銀行へのお振り込みに関しては、恐れ入りますが、
ジェン東京本部(03-5225-9352 担当:富田、浅川)までお問い合わせください。

============================

東北支援速報ブログのバックナンバーはこちらをご覧ください。


HBSの学生の石巻視察〜二日目

2012.01.08

1月8日(日)、ハーバード経営大学院(HBS)の学生さんたち12名は石巻視察二日目を迎えました。この日、立正佼成会の皆さんや個人ボランティアの方たちと合流し、総勢45名でボランティア作業を行いました。

作業内容は、渡波地区の畑にある梅の木とビニールハウスの撤去です。ここの土地は畑として再利用することも可能ですが、依頼主が更地として再生させたいと考えていることから、JENにボランティア作業を依頼くださいました。

この付近は、保育所はあるものの、待機児童の問題を抱えています。この畑を更地にすることで、幼稚園や保育所を拡充するなど今後行政や各団体のニーズにも応えられる可能性が考えられます。

作業は、近くにあるJENのボランティア宿泊所(渡波宿泊所)からスコップやツルハシなどを持参して行いました。まず、ビニールハウスの骨組みを解体します。梅の木切り作業は、まず枝を折る作業から始めましたが、木が枯れていないので枝を折るだけでも骨の折れる作業でした。さらに、木の根は広範囲に穴を掘りながらの大仕事でしたが、ボランティアの皆さんの力を結集したおかげで、午前中のうちに無事終了しました。生まれ変わった土地が今後有効活用できることができればとJENスタッフは願います。

 【梅の根を抜くのに悪戦苦闘】 

【引き抜かれた根の山】 

さて、午後は牡鹿半島の先端にある鮎川の現場へ向けて移動しました。現場は、昨年11月中旬にオープンした仮設商店街「おしかのれん街」の近くにある道路沿いです。作業は、まず草むしりから始まり、その後小さい瓦礫やごみの撤去・分別を行いました。2時間ほどの作業で、大きな山が二つも出来ました。なかにはタイヤや冷蔵庫のような大きなものから、板から釘の飛び出たものまであり、注意を要する作業でした。

【つぎつぎと運び出されるゴミ】

清掃されたこの土地の周辺にも、少ないながらも民家があり、おしかのれん街があります。清掃された土地は、住んでいる方々や近くの商店街に集う方々の明るい希望の一歩となるとJEN は信じ、これからもボランティア活動を行ってまいります。

 【ボランティアの皆さんの作業の結晶】

JENでは引き続き、ボランティアでご協力してくださる方を募集しています。
詳しくはこちら

  =========募金を受け付けています=========
○郵便振替口座 00170-2-538657
口座名 JEN
通信欄に「東日本大震災」と記載ください。

クレジットカードはこちら

プルダウンメニューから「東日本大震災」をお選びください。

その他、銀行へのお振り込みに関しては、恐れ入りますが、
ジェン東京本部(03-5225-9352 担当:富田、浅川)までお問い合わせください。

============================

東北支援速報ブログのバックナンバーはこちらをご覧ください。

 


HBS学生の石巻視察〜一日目

2012.01.07

1月7日、8日の二日間にわたり、ハーバード経営大学院(以下、HBS)の学生の皆さんが石巻を訪れました。
石巻の現状を視察するほか、4月にユニクロの皆さんのご協力を得てJENが行った衣料配布について、現地の人たちにインタビューを行うというものです。

まず皆さんはJEN石巻事務所に集合しました。
震災直後より石巻での支援活動を行ってきたJENスタッフの説明を受け、皆さんは真剣に聞き入っていました。
また、衣料配布時の様子についてさまざまな質問が飛び交いました。

【HBSの皆さん〜JEN石巻事務所にて】

【震災時の資料に見入る皆さんとJENスタッフ】

【初めて会った皆さんに笑顔がこぼれます】                

次は牡鹿半島・福貴浦へ向かいます。

その途中で日和山公園に立ち寄り、石巻市内の全景を初めて目の当たりにした皆さん。言葉を失う様子が伝わってきました。

福貴浦に到着すると、地元の皆さんがお出迎えしてくださいました。
円を囲んでまずは自己紹介。
言葉は違えど、次第にお互いの雰囲気が伝わり、自然と笑顔がこぼれていました。

【みんなで集合写真!】
通訳を介して、震災当時の話や、衣料が届いたときのうれしかった様子など、さまざまな会話が交わされました。好きな衣料を、好きな色で、自分に合うサイズを十分に選ぶことができた喜びが伝わってきます。
これからの復興を強く願い、HBSの皆さんは福貴浦をあとにしました。

皆さんの石巻視察は翌日に続きます。

=========募金を受け付けています=========
○郵便振替口座 00170-2-538657
口座名 JEN
通信欄に「東日本大震災」と記載ください。

○クレジットカードはこちら

プルダウンメニューから「東日本大震災」をお選びください。

その他、銀行へのお振り込みに関しては、恐れ入りますが、
ジェン東京本部(03-5225-9352 担当:富田、浅川)までお問い合わせください。

============================

東北支援速報ブログのバックナンバーはこちらをご覧ください。


HANA荘クリスマス会

2011.12.24

12月18日(日)、鹿妻南地区にあるコミュニティ・カフェHANA荘(はなそう)でクリスマス会を開催しました。

東京から日本ロレアル株式会社の皆さんも駆けつけてくださり、ハンドマッサージやリース作りなどの準備をして、JENスタッフとともに地域の皆さんを迎えました。

風の強い一日でしたが、子どもから高齢の方まで、たくさんの人たちでにぎわいました。

【HANA荘外観〜色とりどりの花が咲いています】

【玄関は靴でいっぱいです!】

 HANA荘のなかは、明るい日の光が差し込み、クリスマスソングが流れています。
玄関先では、飾り付けられたクリスマスツリーが皆さんをお出迎えしていました。

 

 地域の方たちが集まれば、「あら、久しぶり!」という会話もめずらしくありません。
震災後、なかなか顔を合わせる機会がなかった人たちも、このHANA荘がオープンしたことにより、懐かしい再会を果たしているのです。

【あたたかいお茶やケーキでおもてなしします】

 この日は、リース作りも行われました。女性だけでなく、男性にも人気で、人だかりができるほどでした。皆さん思い思いの飾り付けをして、完成品はご自宅に持ち帰っていました。

【大人気のリース作り】

ハンドマッサージや全身マッサージにも、多くの人が順番待ちをしていました。
日本ロレアルの皆さんによるハンドマッサージを受けながら日頃の出来事を話したりして、ゆったりとした時間が流れていきます。

【ハンドマッサージで会話が生まれていきます】

 

  テーブルに置いてあったノートを見た子どもたちが、「お絵描きしたい!」と集まってきました。
何色のペンを使って絵を描こうか悩んでいる様子も、どこかうれしそうに見えます。

かわいらしい女の子の絵を描く子、いくつもの大きな円をカラフルに描く子、いきおいよく描いて 紙を破ってしまう子、みな楽しそうでした。

【お絵描きに夢中】

 帰りにはうれしいお土産がありました。
大人の方には化粧品のプレゼント、子どもたちにはお菓子のプレゼントです。

【うれしいクリスマスプレゼント!】

 HANA荘は、支援者の皆様からのご寄付、そして日本ロレアル様のご協力を得て先月29日にオープンして以来、地域の皆さんが気軽に集まることのできる場所となっています。

大人がお茶を飲んでゆっくりと時間を過ごすだけでなく、子どもたちにとっては、学校帰りに集まる場所。「ただいま!」と帰ってくる子どもたちの声が今日も聞こえてきます。

地域の人たちがいつでも集うHANA荘では、今月25日(日)、「レコード音源によるクリスマス名曲名盤コンサート」を開催いたします。

====== ご報告 =============

平成23年度 外務大臣表彰受賞しました。

これまで、JENの活動を温かくご支援くださいました、
 支援者の皆様に、深く感謝申し上げます。

詳しくは、こちらへ

========================

=========募金を受け付けています=========
○郵便振替口座 00170-2-538657
口座名 JEN
通信欄に「東日本大震災」と記載ください。

○クレジットカードはこちら

プルダウンメニューから「東日本大震災」をお選びください。

その他、銀行へのお振り込みに関しては、恐れ入りますが、
ジェン東京本部(03-5225-9352 担当:富田、浅川)までお問い合わせください。

============================


39 / 40« 先頭...3637383940