東北支援速報

社会人として 〜リコー新入社員研修 南三陸町で漁業の復興を目指して〜

2012.06.14

株式会社リコーの新入社員研修を行いました。第1グループは、5月23日(火)から25日(金)、第2グループは、5月30日(火)から6月1日(金)の各3日間。各92名、総勢184名の新入社員の活動でした。

活動に先立ち、22日(月)と29日(月)には、被災地石巻を訪れ、石巻工業港の瓦礫の山、市場周辺の地盤沈下の状況などを視察したあと、門脇小の前で全員バスから降り、石巻観光ボランティアの語り部さんによる震災当時の状況を聞きました。初めて被災地に来たという社員は、「映像では何回もみたが焼失した小学校を目の当たりにショックを受けました」と話していました。

視察のあと、東松島市コミュニティセンター(第2グループは遊学館)に移りオリエンテーションを行い、ジェンスタッフから今回の活動の目的や活動内容などの説明を行、最後にチームごとの目標を話し合い、紙に書き写して終了しました。

【オリエンテーション】

第1グループの新入社員92名は、3チームに分かれ、南三陸町の沿岸部の本浜、荒砥浜、清水にてサンドバック作り、めかぶ削ぎ、ワカメやコンブの選別作業を行いました。

第2グループの新入社員92名も同じように3チームに分かれ、袖浜、細浦、林、本浜、平磯などで同じ作業を行いました。

各グループは、それぞれ地元の漁師さんとコミュニケーションを取りながら一生懸命に作業を行いました。

特に、体力勝負のサンドバック作りでは、新入社員の一人が「大変な作業ではあるけど、何とも言えない達成感を感じます。」と大粒の汗を流していました。

【サンドバック作り】

このサンドバックは、50kgほどの重さになり、カキ養殖施設をはじめ、ワカメ養殖などほぼすべての養殖施設に使用します。特に、これからカキ養殖施設を元通りの台数まで復活させるのに何万個も必要になります。今回のトータル目標製作数は、約8,000袋でしたが、目標を大きく超える9,622袋の実績となりました。

地元の漁師さんはたいへん喜び、ホタテの差し入れなどもしてくださり、浜では早速バーベキュー大会、新入社員も大喜びでした。

【ホタテの差し入れ】


最終日には振り返りミーティングを行いました。「ただ物をあげるだけでなく、人が関わっていく必要があり、そのためには伝えていく必要がある」、「実際に見て、聞くことの大切さがわかった。現場を見て考え方が変わった。今後も現場に足を運ぶ」など、それぞれのチームが、目標の進捗結果や社会貢献活動の意義や今回の「気づき」について活発に意見を述べ合っていました。

この活動を通じ、被災地の現況が一人でも多くの人々に伝われば、これも一つの被災地支援になります。


心をひとつに〜東浜小学校運動会

2012.06.14

快晴に恵まれた5月26日(土)、牡鹿半島の東浜小学校で、小学生と幼稚園生の合同運動会が開催されました。

運動会には地域の人たちも大勢集まり、JEN支援活動にご協力いただいているUBS証券株式会社の皆さんもかけつけ、JENスタッフとともに運動会のお手伝いをしてくださいました。

東浜小学校の在校生は22名。小さな学校ですが、校内には幼稚園が併設されており、皆とても仲良しです。グラウンドにいくつもの大漁旗が風にそよぐなか、地域の人たちからの熱い声援をうけた子どもたちは、目を輝かせて競技にのぞんでいました。

【「がんばれ!」声援が響きます】


【UBSのみなさんもお手伝い】

 

さまざまな競技のあと、在校生による「獅子風流(ししふり)」が披露されました。大漁や五穀豊穣などの願いが込められた獅子風流を小学生たちも受け継ぎ、獅子は息を吹き込まれたように踊りだします。
【獅子風流の様子〜囃子が鳴り響きます】


【獅子風流の様子〜眠れる獅子の目覚め】

 

玉入れ、綱引きやリレー競技にはUBSの皆さんとJENスタッフも参加させていただきました。リレーはどのチームも気合い十分で、表情は真剣そのものです。

「ほら、いけ!」「がんばれ!」と観客席からの大声援をうけ、JENスタッフも次々とバトンをつないで走っていきます。しかし地域の人たちの足の速さには感服でした。観客席からは「お疲れさま!」と温かい声援や拍手がおこり、地域の皆さんとの一体感を感じました。

この日、復興Tシャツを着ている人を多く目にするなか、「おだづなよ 津波!」の文字が。「おだづなよ 津波!」には「ふざけるなよ 津波!」の気持ちが込められています。この言葉には、津波で多くを失っても負けない浜の人たちの気概とたくましさを感じました。

復興のバトンは、いつか小学生たちへと継がれていきます。東浜の各地に大漁旗のあがる日を心待ちにし、これからもJENは地域の皆さんとともに歩んでいきます。

 


人としてMRとして〜グラクソ・スミスクライン新入社員研修

2012.06.07

5月7日(月)から11日(金)までの5日間(活動は3日間)、石巻市(侍浜、狐崎浜)と南三陸町(平磯浜)において、グラクソ・スミスクライン株式会社(以下、GSK)の新入社員研修を行いました。

侍浜、狐崎浜、平磯浜はそれぞれJENが支援活動を行っている地域です。5日間にわたる研修のなか、それぞれの浜において、カキの原盤づくり、ワカメのメカブ削ぎ、芯抜き作業などを行いました。

カキの原盤は、ホタテの貝殻一枚一枚にハンマーで穴を開け、針金を通して数珠つなぎにして作ります。この原盤にカキの稚貝が付着し、2〜3年を経てカキが成育するのです。

【原盤づくりの様子〜針金の大きさに合わせて穴を開けます】

【およそ5,000㎏分のメカブ削ぎを行いました】


初めての漁業ボランティアでメカブやワカメの原型を目にしたGSKの皆さんは、手間暇をかけてそれらがスーパーなどの店頭に並ぶ商品になることに感慨深い様子でした。気さくな漁師さんたちにご指導いただきながら、日を追うごとに手際よく作業に取り組んでいました。

研修4日目には石巻赤十字病院を訪れ、災害救護係長と看護師長から震災当時の「初動の記録」についてお話を伺いました。

石巻赤十字病院は、日頃の災害実動訓練を徹底することにより、震災時にも迅速かつ冷静に災害対策本部やトリアージ(負傷者を緊急度や重症度によって分類し、治療や搬送の優先順位を決定するもの)を設置して救護対応にあたることができました。

津波を記録した映像に誰もが息をのみましたが、これからMR(医薬情報担当者)として医療に携わっていくGSKの皆さんは、「震災の学びを風化させてはならない」「チームワークが大事です。チームを組まないと人の命は救えないのです」との看護師長たちのお話に真剣に聞き入り、JENスタッフもあらためて引き締まる思いでした。

【石巻赤十字病院での聴講の様子】


研修最終日の振り返り会では、GSKの皆さんからは「実際に石巻に来てみて、まだ復興が進んでいないと感じた」「漁師さんたちが前向きに進んでいる。明るさを感じた」などの感想や活発な意見が交わされました。
【振り返り会の様子】

研修初日からわずか5日の間に皆さんの顔つきは変わり、被災地の復興支援に深く寄り添って考えていることが伝わってきました。JENスタッフもGSKの皆さんからさまざまな気づきがあり、充実した研修となりました。

====
 緊急募金を受け付けています。

 ↓↓↓↓↓↓↓

○郵便振替口座 00170-2-538657

口座名 JEN

通信欄に「東日本大震災」と記載ください。

○クレジットカード:
 http://bit.ly/c7R8iA

プルダウンメニューから「東日本大震災」をお選びください。

その他、銀行へのお振り込みに関しては、恐れ入りますが、ジェン東京本部(03-5225-9352 担当:富田、浅川)までお問い合わせください。

 


浜に活力を〜漁業再開に向けた取り組み〜

2012.05.24

JENでは、昨年より石巻の各浜においてさまざまな漁業支援活動を行っています。漁業支援は、JENの活動を理解し支援して下さる多くの皆さまのご協力により成り立っています。

今回は、JF石巻地区支所管内の石巻10浜での取り組みをご紹介します。

石巻10浜(佐須浜、沢田、荻浜、侍浜、折浜、蛤浜、月浦、桃浦、小竹浜、田代島)も、他の浜と同様に津波の被害を大きく受け、漁具を失いました。漁業再開が危ぶまれていたなか、JENとともにこの10浜を支援してくださることになったのがInternational Rescue Committee(以下、IRC)という米国のNGOです。IRCの皆さんのご協力により、今年2月よりこれまでにスカイタンク、フォークリフト、パレット、ワカメ刈り取り機、万丈篭(ばんじょうかご)などをそれぞれの浜に届けることが出来ました。

【スカイタンクをお届け】

【ワカメ刈り取り機で収穫UP】

<写真2:DSCF0671>

4月中旬、フォークリフトとパレットをお届けに、事業視察に訪れていたIRCの方々とある浜を訪れました。浜の皆さんが出迎えて下さり、真新しいフォークリフトのお披露目では歓声と拍手が起こりました。直接、皆さんの表情が見える最もうれしい瞬間です。早速、フォークリフトの試運転が行われました。

【フォークリフト、始動!】

「津波で何もかも流されてどうしようかと思っていたけど・・・支援してもらって本当にうれしい。ありがとう」と涙ぐむ女性もいらっしゃいました。試運転するフォークリフトのすぐ後ろには、津波で大きな被害を受けた家屋が立ち並び、荒涼とした光景が広がっています。そのような状況のなかでも、時折笑顔をにじませて頑張ろうとする浜の皆さんに力強さを感じました。

皆さんの笑顔を胸に、JENはこれからも各浜のニーズを見極め、継続的な支援活動を行っていきます。

====
 緊急募金を受け付けています。

 ↓↓↓↓↓↓↓

○郵便振替口座 00170-2-538657

口座名 JEN

通信欄に「東日本大震災」と記載ください。

○クレジットカード:http://bit.ly/c7R8iA



プルダウンメニューから「東日本大震災」をお選びください。

その他、銀行へのお振り込みに関しては、恐れ入りますが、

ジェン東京本部(               03-5225-9352         担当:富田、浅川)までお問い合わせください。


お〜い、スカイタンクが来たぞ!

2012.05.17

牡鹿半島の東浜と呼ばれる地域には5つの浜(福貴浦、鹿立、狐崎浜、竹浜、牧浜)があります。

5月11日、晴天の中、東浜の漁師さんたちへ、UBS証券株式会社様のご支援のもとスカイタンクが提供されました。

【ステッカー貼り作業】

今、漁師さんたちはコウナゴ漁やワカメ漁などをしながら、合間をみて牡蠣の原盤づくり や種はさみという牡蠣養殖の準備作業を行っています。コウナゴ漁やワカメ漁も終了時期にきており、次はカレイやシャコエビなどの刺し網漁をする予定です。

本来であれば、刺し網漁をしている時期ですが、海水温が低いせいか漁獲量が少ないため、今月末(5月末)から本格的なスタートになるそうです。

【続々と集まる漁師さんたち】

シャコエビは生きたまま市場へ出荷しますが、それに欠かせないのが今回ご支援いただいたスカイタンクです。大きさは0.5トン用と通常使用するものよりも一回り小さいため、船外機船に直接積むことができ、獲れた魚をその中に入れて生かしておくことができます。タンクのまま陸揚げし、フォークリフトでそのままトラックへ積み込み、市場へと直送し活魚として出荷します。

【スカイタンクを囲んで談笑】

「いや〜、これがあると助かんだってば〜」と、皆さん笑顔で集まり、軽トラックやフォークリフトでそれぞれ運んでいきました。これで大漁になっても大丈夫ですね。

浜の漁師さんたちは、津波による被災状況がひどい状態の頃から、復興にむけて地道にやれることから前に進んでいます。石巻市の基幹産業である漁業の復興へむけて、浜の皆さんと一緒にこれからもJENは歩み続けます。

【決意を新たに記念撮影】

【まだまだ復興途中の浜の風景】

====
 緊急募金を受け付けています。

 ↓↓↓↓↓↓↓

○郵便振替口座 00170-2-538657

口座名 JEN

通信欄に「東日本大震災」と記載ください。

○クレジットカード:http://bit.ly/c7R8iA



プルダウンメニューから「東日本大震災」をお選びください。

その他、銀行へのお振り込みに関しては、恐れ入りますが、ジェン東京本部(               03-5225-9352         担当:富田、浅川)までお問い合わせください。