チェチェン

チェチェン

ソ連崩壊後の1991年11月にチェチェン共和国がロシアからの独立を宣言しました。ロシアはチェチェン共和国の離脱を拒絶し、1994年12月に独立を阻止するために軍隊を派遣し、チェチェン紛争に突入しました。紛争は泥沼化し、近隣共和国に17万人が流出したことを受け、JENは1995年2月に緊急支援のために隣国イングーシ共和国の首都ナズランで調査を行いました。避難民の生活環境は劣悪で、「Train Camp」と呼ばれる電車の中で避難生活を強いられている人々もいました。JENは1995年秋から1年半に渡り、こうした緊急状態にあるナズランの避難民に対し、IOM(国際移住機構)と地元の医師と協力して2百万ドル相当の医薬品の配布を行いました。一番紛争が激しく国際支援が届きにくかった時期に、迅速に支援を開始したことで多くの避難民に対し、適切な医療支援を行うことができました。