イラク

子どもたちに安全な水と、学習環境を

あなたの支援・寄付で世界の難民に自立を

1日50円からできる支援

あなたの支援・寄付で世界の難民に自立を

ご寄附は税控除の対象になります。

イラク

イラクでの活動をJENは2003年よりイラク・ヨルダン国境の難民キャンプでの緊急医療支援から活動を開始しました。フセイン政権崩壊後、教育環境が悪化の一途をたどるなか、現在は社会的に弱い立場に置かれがちな子どもたちへの支援として、校舎と衛生施設の修復および衛生教育事業を行っています。その活動は、バグダッド市内に限らず、キルクーク県、サラハディーン県、バビル県、へと広がり、民族・宗派によらない公平な支援を現在も継続しています。

また、2014年の武装勢力によるイラク国土一部制圧などに象徴されるイラク危機を受け、2014年10月より、武装勢力制圧地域からイラク北部クルド人自治区に逃れてきた人びとへの支援、そして解放された故郷に帰る帰還民への支援も行っています。

故郷に帰るその日まで -国内避難民の緊急支援-

2014年6月初旬に武装勢力がモスル行政区域を占領した後、8月のシンジャール攻撃等、イラク情勢は再び悪化しており、武装勢力とクルド自治政府治安部隊(ペシュメルガ)・イラク政府軍との戦闘は中部および北部イラク国内に広がっています。以来、3年が経過しましたが、武装勢力との戦闘によりイラク全体で約323万人の国内避難民を出す非常事態に陥っています*。また、2016年10月16日には、政府軍にうよる武装勢力からのモスル奪還軍事作戦が始まりました。JENでは今後、多数の国内避難民が発生すると予想しています。(2016年10月末時点)

JENは、2014年10月より多くの人びとが身を寄せるクルド人自治区内に支部を開設し緊急支援を開始しました。ホストコミュニティ(現地受け入れコミュニティ)や避難民キャンプで避難生活をおくる人びとが、故郷に戻ることができるようになったとき、家族全員が健康であるよう、安全な水、衛生的な環境を提供しています。そして、故郷から離れている間に得た知識や経験を故郷に戻ったときに活かせるように、水衛生設備の補修技術の習得訓練など避難民のキャパシティビルディングにも取り組んでいます。

*出典:IOM Iraq, Displacement Tracking Matrix DTM, as of Oct. 13th 2016

‘ふつうの生活’を取り戻す ―武装勢力から解放された地域への支援―

イメージ

2014年以降、武装勢力とクルド自治政府治安部隊(ペシュメルガ)・イラク政府軍との戦闘は続いていますが、一部の地域は武装勢力から奪還されています。そういった解放された地域には、2016年1月時点で既に40万人が帰還していますが、紛争前の生活を取り戻すのは容易ではありません。*公共施設や家屋は破壊され、電気や水へのアクセスもままならず、生計手段は失われています。

イメージ

JENは故郷に戻った人が、そこにとどまり、日常生活をすぐにスタートできるよう支援を行っています。

*出典:Iraq: Humanitarian Response Plan 2016 (December 2015)

安心して通えるように

イメージ

学校は、子どもたちが安心して過ごせる場であるだけでなく、親にとっても安心して通わせられる場所である必要があります。しかし、トイレが不足しているために早退をしたり、学校に来ない子どももいます。

イメージ

JENでは現在、バグダッド県、キルクーク県、サラハディーン県、バビル県の学校の水関連設備をはじめとした設備の修繕を通して、設備が原因による生徒たちの欠席や遅刻、早退を減らし、衛生教育を通じて子どもたちが健康に成長することを目指しています。県教育局と協働で修復後のモニタリング調査などを行ったり、教員に対して衛生教育を行うことで、今後教育局や教員、学校が主体となるような体制づくりも大切にしています。

子どもたちに安全な水と、学習環境を

あなたの支援・寄付で世界の難民に自立を

1日50円からできる支援

あなたの支援・寄付で世界の難民に自立を

ご寄附は税控除の対象になります。