熊本

緊急時に必要とされるサポートを

あなたの支援・寄付で世界の難民に自立を

1日50円からできる支援

あなたの支援・寄付で世界の難民に自立を

ご寄附は税控除の対象になります。

熊本の基本情報

熊本県

県庁所在地 熊本市
人口 1,773,613人(推計人口:平成29年1月1日現在)
面積 7,409.32km2

出典:熊本県ホームページ(2017年1月現在)

緊急期の活動内容 (2016年4月~2016年6月)

発災直後の4月16日、初動チームが被災地に向けて出動しました。現地では、余震が続き電気・水道・ガスなどの基本インフラが途絶していました。JENは、これまでの国内災害(中越・中越沖地震東日本大震災)の緊急支援の経験から、避難している方々にお弁当や衣類などの支援物資を配布しました。

熊本への緊急支援の様子
熊本への緊急支援の様子

車両・重機・資材の貸し出し (2016年4月~2016年7月)

車輌・重機・資材の貸し出し

2016年4月の被災直後は、被災者自身やボランティアが、倒壊した建物から家財や農機具などを取り出していました。そこで、がれきの上でも安全に作業を行えるよう、安全靴と家財道具などの救出時に屋根や梁を持ち上げるジャッキを提供しました。また地域によっては、重機不足が建物の解体作業の遅れに影響していため、がれき搬送に必要なダンプの貸し出しも行いました。

巡回入浴サービス (2016年5月~2016年6月)

熊本市東区を中心に調査を進めるうち、避難所で暮らす方々の中には、「家が倒壊してしまった」、「高齢のために入浴施設に行けない」等、震災後、一度も入浴していない方がいらっしゃるということが分かりました。震災が発生した4月は春とはいえ、晴れの日には気温が35度近くにまで達します。同じ頃、市内の避難所で感染症が発生、衛生環境の整備は急務でした。そこで、JENは避難所を巡回する入浴サービスを行いました。

緊急時に必要とされるサポートを

あなたの支援・寄付で世界の難民に自立を

1日50円からできる支援

あなたの支援・寄付で世界の難民に自立を

ご寄附は税控除の対象になります。